iQOS(アイコス)はクサイ!? 生駒市は喫煙後45分間、庁舎エレベーターを使用禁止

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iQOSは吹かす焼き芋か

 あるいは「iQOSのニオイ苦手」「紙タバコのほうがいい」「変なニオイする」「服にもつく」等々の実感に基づく敬遠意見は、嗜好当事者の妻や彼女(彼)と思しき方々の投稿に多い。

 興味深いのは、対する嗜好派の大半意見が「これは臭わない(はずの)電子タバコですが、それがナニか!?」的に無頓着な投稿である点――「iQOSデビューしたけど、ニオイ付かないし部屋臭くなんないし良きですね」なんていう無臭ダ見解が、その代表格だろう。

 要は電子タバコの場合、臭気をめぐる「吸う側/吸わない側」の見えない壁(嗅覚差)が、「好き/嫌い」が明確に表われる紙タバコよりも、数段高いのかもしれない。また、そのあたりが電子タバコという商品の巧妙さであり、あざとさであり、侮れなさなのかもしれない。

 焼き芋などの印象臭に代表されるニオイの原因は、iQOSホルダーの(ヒートブレードに溜まった)汚れが発生させている可能性が高いとする説がある。

 タバコ葉からニコチンを発生させる方途が、紙タバコの場合は燃やし、加熱式タバコの場合は文字どおり高温で加熱するわけだが、マナーとして「手入れ」を問われるのが後者の意外な盲点か。

 リキッド系から発生するケミカル臭(薬品臭さ)の場合も、使用するアトマイザー環境の問題という可能性以外、リキッドの配合具合が問われるようだ。なかでも甘さ控えめのさっぱり味系リキッドでケミカル臭が目立つらしい。

 自作リキッドの場合、フレーバー配分を増加すれば当然ながら味は濃いめとなるが、それも一定量を超えると味が変化して薬品臭が強くなる。とりわけ同種類のフレーバーを過剰配分するとケミカル臭が増してしまう。

 なんだか「さっぱり味」とか「濃いめ」とか聞くと、麺屋でのやりとりを連想しなくもないが……。吸ったら使用まで45分のエレベーター規則、はたして全国的な趨勢となるのやら……。

 従来派も加熱派も、煙にまけない臭気問題が新たな王手となることは間違いなさそうだ。
(文=編集部)

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆