中高年世代が財産の75%を失うと「死亡リスク」が1.5倍に! 日本の自己破産件数は年間約7万件

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡リスクが高くなる因果関係は明らかではないが……

 2007年から始まった「世界金融危機」は、失業率を高め、住宅の差し押さえ、自己破産の増加を煽った。そして、経済的な打撃や破綻を受けた人は、抑うつ、不安、薬物乱用、自殺などのリスクが高まりやすい……。

 ただ、今回の研究は、なぜ「財産ショック」が寿命を短くする機序や、心疾患、糖尿病、がん、高血圧などとの因果関係を明らかにしていない。

 しかし、Pool氏は「経済的な安定が崩れ、大きなストレスが生じれば、特に中高年の身体的・精神的な健康に、多大な悪影響を及ぼしかねない。貯蓄が少なければ、医療費や薬剤費を支払えない。もともと健康状態の悪い人は、財産を失いやすいかもしれない」と説明している。

 また、「財産ショック」を経験した人は、新鮮で健康的な食品を買う余裕がない上に、安全にウォーキングなどができない住環境のために運動する機会も少ないので、QOL(生活の質)が低下しやすいかもしれない。

 ただし繰り返すが、この研究は因果関係を証明するものではない点に注意が必要だ。

日本の自己破産件数は約7万件

 「財産ショック」を経験した人でなくても、このコホート研究に基づいたデータを身につまされる思いで読んだに違いない。

 一般社団法人日本疫学会によると、コホート研究は「1万人以上についてベースライン調査を終了し、5年以上の追跡を終了している」ことを条件にしている(参考:http://jeaweb.jp/activities/cohort.html)。

 したがって、現在のところ日本の「財産ショック」と寿命に関するコホート研究はないが、「財産ショック」に関わりが深い自己破産のデータを見よう。

 最高裁がまとめた2017年の個人の自己破産申立件数は、前年比6.4%増の6万8791件で、2年連続の増加。自己破産件数は、2003年の約24万件をピークに減り続けていたが、増加ペースがアップ。消費者金融規制の対象外になっている銀行カードローンの貸出し件数が急増しているのも大きな要因だ(参考:「朝日新聞」2018年2月13日)。

 自己破産は40代に多い。銀行カードローンの残高が急増し、自己破産者が続出。銀行カードローンを利用する理由は、「生活苦」「生活費不足」(38.1%)、「冠婚葬祭費」(6.5%)、「医療費」(5.6%)、「住宅ローンの支払い」(4.1%)だ(参考「10M TV オピニオン」2017年10月02日)。

 自己破産者の寿命や死亡率は、判然としない。ただ、多重債務による経済的な破綻と精神的な困窮が健康やQOLを脅かすリスク要因になるのは確かだ。

 中年期に経済的に破綻しやすい人の特徴がある。ファイナンシャルプランナーの黒田尚子氏によると「①見栄っ張り」「②楽天的」「③計画性がない」という3点が特徴とのこと。破綻を防ぐ得策は「①収入増」「②支出減」「③運用」の3点だが、当然な指摘だろう(参考「楽待不動産投資新聞」2016年5月18日)。

 「財産ショック」という修羅場に陥らない便法はない。だが、この箴言なら、金欲に目が眩んだ根性を少しは引き締めるかもしれない。

 「金を失うのは小さい。名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失えば、すべてを失う」――ウィンストン・チャーチル
(文=編集部)

インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太