通勤通学の電車や駅の騒音で難聴に? 使い減りした「聴力」は二度と元に戻らない

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すり減った「聴力」は二度と元に戻らない

 

 WHOは、85dB(自動車、街頭の騒音)以上を「難聴リスクのある騒音レベル」とし、1日当たりの許容範囲を以下のように示している。今回のトロントの調査と照らせば、ゆうに110dBを超えていたピーク騒音の影響が気がかりになる。

●WHOによる1日当たりの騒音の許容基準

 130dB(航空機のエンジン音)…………………1秒未満
 125dB(雷)………………………………………3秒
 120dB(救急車や消防車のサイレン)…………9秒
 115dB(ポップ音楽コンサート)………………28秒
 100dB(ドライヤー、パワードリル)…………15分
 95dB (オートバイ)……………………………47分
 85dB(自動車、街頭騒音)……………………8時間

 日本の都市部でも、首都圏や関西圏はトロントと同等の騒音レベルである可能性はあるだろう。特に首都圏は長時間通勤者が多く、毎日3時間以上電車に乗り続けている人も珍しくはない。

 電車や地下鉄の車内の目安は約80dBとされているが、それでも毎日数時間さらされることによる影響はないのだろうか。

 もっと危ないのは、通勤中にイヤホンやヘッドホンで音楽を聴き続けている人だ。騒音のある場所で音楽を聴く場合は、周囲より20dBほど大きな音が必要になる。聴力にダメージを与えないためには、平均85dBで1日1時間にとどめるべきといわれているが、通勤電車では軽く超えてしまうだろう。

 いわゆる騒音性難聴は、85dB以上の騒音を長時間聞く習慣を続けていると、内耳の蝸牛にある「有毛細胞」が障害を受け、その一部が回復不可能になるために起こるもの。

 この細胞は一度アポトーシス(細胞の自殺)を起こすと、再生できずにどんどん死滅してしまう。その結果、外耳〜中耳を通じて送られてきた音が捉えられなくなり、断片的な情報しか脳へ送れなくなる。

 聴力は酷使するほど「使い減り」し、二度と元には戻らないのだ。

 毎日バスや電車の中で騒音にさらされている人は、今からでも耳栓を使うなどして、耳への負担を軽くすることをお勧めしたい。また音楽を聴くのなら、イヤホンより耳を覆うヘッドホンを。

 特に、周りの雑音を消すノイズキャンセル機能付きのヘッドホンなら、音量を絞って高音質で楽しめる。通勤時間が長い人はぜひ耳を守る工夫をしてほしい。
(文=編集部)

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆