「死にたい」の書き込みは自殺の前触れ? 米国・中高生の約6%「ネット自傷行為」を経験

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多感な思春期にありがちな行為?

 ネット自傷行為に及んだ理由については、「自己嫌悪のため」「注目されたい」「気持ちが落ち込んでいるため」「自殺したい」「周囲から面白がってほしい」などの回答があがった。

 Hinduja氏はこの結果をふまえ、「身体を傷つける自傷行為と同様、ネット自傷行為も自殺の前触れである可能性がある」ことに触れ、「このような行為に及ぶ背景やオフラインでの自傷行為及び自殺行動との関連について、さらなる研究を行なう必要がある」と述べている。

 もっとも、多感な思春期にネガティブなことを考えたり、書いたりするのは、ある意味で普通のことだともいえる。ネットがない時代にも、少年少女たちは詩や日記を書くことで、自分の内面の闇を言葉にしてきたのではないだろうか。

 いまでも「中二病」という言葉があるとおり、この時期の少年少女は、後から振り返ると恥ずかしくなるようなことで悩んだりするものだ。

監視社会につながりかねないネット社会のジレンマ

 しかし、その中にも、深刻な自殺願望を示すものが含まれているとしたら、なんらかの対策が必要かもしれない。

 とはいえ、ネット上のつぶやきをチェックして本人を特定するのことは、ネット「監視社会」が本格的に始まることにもつながりかねない。「ネット自傷行為」にどのようなアプローチをするべきかは、慎重な議論が待たれるところだ。

 いずれにせよ、ネット上に自分の思いを表現することは、「不特定多数の目に触れ」、場合によっては「いつまでも残る」という点で、かつてのような日記に思いを綴る行為とは、まったく異なる性格を持つ。座間市の殺人事件のように、現実の世界にも悲劇をもたらすとしたら、一刻も早い対策が必要だ。
(文=編集部)

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志