「新宿皮フ科院長・榎並寿男医師」の記事一覧

白斑(尋常性白斑)は8割以上が改善~最新の「光線療法」「ミニグラフト移植」

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、「白斑(尋常性白斑)」――。故マイケル・ジャクソンも、この病気だったことが公表されている。 おおよそ100人に1人(人口の1%程度)に起こるともいわれ、従来は難治とされてきた。だが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の…続きを読む

白斑(尋常性白斑)は8割以上が改善~最新の「光線療法」「ミニグラフト移植」
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太