夜勤労働者に数々の健康リスク「腹部肥満」は1.35倍!閉経後の女性はがん発症率も高くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜勤の「2型糖尿病患者」は血糖値のコントロールも悪くなる

 そのほか、夜勤労働者には耳に入れたくない怖い研究発表もある――。

 タイ・マヒドン大学の研究チームは、夜勤で働く「2型糖尿病患者」は、昼間労働者に比べて血糖値のコントロールが悪くなるとする研究成果を「ENDO2017(第99回米国内分泌学会年次学術集会展示会」で発表した。

 研究チームは、タイで2型糖尿病患者260名(夜勤62名、昼間94名、未就労104名)を対象に、ヘモグロビンA1cの医療記録に基づいて血糖値を判断した。その結果、昼間労働者の平均A1cが7.6%、未就労者が7.5%だったが、夜勤労働者の平均A1cは8.2%と有意に高かった。

 夜勤労働者は他の2群に比べて、睡眠時間が短く、カロリー摂取が高く、BMIが高かったが、これらを調整した後でも、夜勤と血糖管理の間には有意な関連があった。

 とにもかくにも、腹部肥満もがんも糖尿病も同根。健康の黄金律は不滅。帰るべき原点はただ一つ。常に栄養・休養・運動・睡眠だ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆