水虫は「1日に1回」の足洗いで防げる! 白癬菌は24時間で皮膚に根を出す

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローテーションで靴をできるだけ乾燥

 改めておさらいすると、水虫予防のポイントは以下の3点。

●外出から帰ってきたら1日1回しっかりと足を洗う。
●身につけるものもちゃんと毎日洗う。
●掃除もこまめに行う。

 こう考えてくると、水虫の予防はとても簡単といえるのではないか。

 それに加えて、靴もお気に入りの一足ばかり履くというのはいただけない。3足くらいはお気に入りの靴を見つけ、それらをローテーションで履き替えるようにしよう。そうすれば、靴の中を乾燥させることができる。

 そして、履かないときは乾燥剤を靴に入れよう。丸めた新聞紙を入れるだけでも湿気を吸うことができる。ブーツならば、消臭性や吸水性のあるブーツキーパーや中敷きを活用するのも手だ。足の健康だけでなく、靴を長くもたせることもできる。

 たかが水虫だが、されど水虫――むやみに恐れる必要はない。防ぐ方法は簡単。毎日実行するかどうかだけ。きちんと水虫を防ぎ、治して、快適な毎日をお送りいただきたい。
(文=編集部)

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆