水虫は「1日に1回」の足洗いで防げる! 白癬菌は24時間で皮膚に根を出す

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローテーションで靴をできるだけ乾燥

 改めておさらいすると、水虫予防のポイントは以下の3点。

●外出から帰ってきたら1日1回しっかりと足を洗う。
●身につけるものもちゃんと毎日洗う。
●掃除もこまめに行う。

 こう考えてくると、水虫の予防はとても簡単といえるのではないか。

 それに加えて、靴もお気に入りの一足ばかり履くというのはいただけない。3足くらいはお気に入りの靴を見つけ、それらをローテーションで履き替えるようにしよう。そうすれば、靴の中を乾燥させることができる。

 そして、履かないときは乾燥剤を靴に入れよう。丸めた新聞紙を入れるだけでも湿気を吸うことができる。ブーツならば、消臭性や吸水性のあるブーツキーパーや中敷きを活用するのも手だ。足の健康だけでなく、靴を長くもたせることもできる。

 たかが水虫だが、されど水虫――むやみに恐れる必要はない。防ぐ方法は簡単。毎日実行するかどうかだけ。きちんと水虫を防ぎ、治して、快適な毎日をお送りいただきたい。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真