自殺を防ぐ「いのちの電話」~肝心の相談員が集まらない全国共通の問題点とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月3回の講習、受講料2万5000円が自腹

 見知らぬ人の深刻な悩みを傾聴し、切実な問いかけに応答する。その仕事が大変難しいものであるのは想像に難くない。だが、「いのちの電話」の相談員は職業的な専門家ではなく、ボランティアによって運営されている。

 しかも相談員になるためのハードルは非常に高い――。

 今回ニュースになった「群馬いのちの電話」の「電話相談員養成講座受講生募集要項」を見てみると、相談員になるためには、まず2017年10月から2018年7月まで、月3回、1回2時間の講習を受けなければならず、その受講料2万5000円も受講者が負担する。

 ここまでが前期養成講座で、さらにそのあとインターンとして約1年の実習があり、相談員としてふさわしいと認められると認定される。そのようにして相談員になっても無報酬であり、交通費も自己負担だ。

スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘