自殺を防ぐ「いのちの電話」~肝心の相談員が集まらない全国共通の問題点とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月3回の講習、受講料2万5000円が自腹

 見知らぬ人の深刻な悩みを傾聴し、切実な問いかけに応答する。その仕事が大変難しいものであるのは想像に難くない。だが、「いのちの電話」の相談員は職業的な専門家ではなく、ボランティアによって運営されている。

 しかも相談員になるためのハードルは非常に高い――。

 今回ニュースになった「群馬いのちの電話」の「電話相談員養成講座受講生募集要項」を見てみると、相談員になるためには、まず2017年10月から2018年7月まで、月3回、1回2時間の講習を受けなければならず、その受講料2万5000円も受講者が負担する。

 ここまでが前期養成講座で、さらにそのあとインターンとして約1年の実習があり、相談員としてふさわしいと認められると認定される。そのようにして相談員になっても無報酬であり、交通費も自己負担だ。

妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆