『24時間テレビ』出演の羽生結弦選手から伝わる「喘息を理解してほしい」という思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受動喫煙で日本人の肺がんリスクは約1.3倍に

 ここに書くまでもないことだが、喘息もCOPDも「喫煙」によって症状が悪化する。

 「2017年全国たばこ喫煙者率調査」によれば、日本の成人男性の喫煙率は減少し続けているが、諸外国と比べると高い状況にあり、約1400万人が喫煙していると推定されている。また、成人女性の平均喫煙率は9.0%。喫煙率が最も高い年代は40歳代で、13.7%だった。

 タバコのダメージは、喫煙者本人だけが受けるのではない。タバコから出る煙や喫煙者が吐き出した煙を周囲の人が吸い込む「受動喫煙」で、日本人の肺がんリスクは約1.3倍になっていると国立がん研究センターは発表している。

 今年の24時間テレビのテーマは「告白」。羽生選手の「告白」で、喘息やCOPDが注目されて、その認知が進むことを期待したい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫