<カリスマ美容師>に「薄毛」はいない! ? 彼らには共通する<3つの生活習慣>が……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

③バレる前にパーマ! 崩れる前にスタイリング剤を駆使!

 <カリスマ級美容師>ともなれば、ほぼ薄毛はいない。特に50代以上の超大御所美容師ほど、若々しく、たくましく、カッコいい(そしてモテる)。きっとこれは髪のコンディションが世の一般男性と比べて断然高い点があるだろう。

 薄毛に見えるのは、毛髪そのものが細くなるほか、本来なら1つの毛穴に3本程度生える毛が1本しか成長せずに密集度が減ることためだ。しかし、プロの場合、そこに気がついたら潔くパーマスタイルにチェンジする人が多い。

 パーマというと「毛根に悪い!?」とか「頭がデカく見えそう」と懸念する人もいると思うがご安心を。きちんとしたヘアサロンなら髪にマイルドな薬剤を使用している上、俗に言う<ニュアンス感>に長けたパーマで上手にごまかせる。

 ちなみに、ニュアンス感とは揺らぎ感のあるヘアスタイルのこと。この<揺らぎ>が空洞化した頭部の隙間にフワッとかかり、薄毛感を目立たなくしてくれる。また、髪がペタンとしたり猫毛になると薄毛は途端に悪目立ちする。

 これは男性用スタイリング剤を使用すれば、髪一本一本に<疑似筋肉>がついて、簡単に逞しいハリコシが手に入るのだ。プロの隠し技、上手く利用するべきだ。

 薄毛やハゲの原因はひとつではない。生活習慣の見直しやストレスを軽減することももちろん大事だ。でも、美容ライター業に長く携わり、多くの美容師を見てきた結果、これらの<3つの共通点>が浮かび上がった。

 その気になれば、この3つなら誰でも実践できるはず。ただし、ヘアケアは一朝一夕でどうにかなるものではない。まずは最低半年を目処に始めてみてはいかがだろうか。
(文=小澤佐知子)


小澤佐知子(おざわ さちこ)

美容ライター。小学館・学研で外部編集者を経験した後、出産を機にフリーランスに転身。以後、美容ライターとして計50誌以上で取材、執筆を行う。現在はヘアケア・ヘアデザインなど「髪」に関する記事の企画・構成・取材を中心に活動。雑誌や書籍以外に、Webサイトでコラムやインタビューの連載を持つ。東京都内のヘアサロンの「ビジュアル監修アドバイザー」として非常勤役員も務める。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆