<カリスマ美容師>に「薄毛」はいない! ? 彼らには共通する<3つの生活習慣>が……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

①シャンプーは<質とすすぎ>にこだわるべし

 実は今、シャンプーへの注目度が過去にないほど高まっている。数年前から頭皮ケアが注目されるようになり、「洗うだけのシャンプー」から「頭皮をケアするシャンプー」へと進化し続けているのだ。

 カリスマ美容師は、とにかくシャンプーへのこだわりが強い。ほぼ全員、頭皮クレンジング力に長けた高額シャンプーを使用し、その日のうちに頭皮の汚れをスポン!と根こそぎ落とす習慣を心がけている。

 そして、すすぎに時間をかける。360度シャワーを当て、頭皮に振動を与えるように指の腹を動かし、浮いた汚れを流れ落としていく。

 この工程だけで、薄毛の原因となる皮脂詰まりをしっかり取り除くことができるので、髪がまっすぐ太く(皮脂が詰まったままでは髪が細くなり、ゆがみやすい)生えてくるのだ。

 たかがシャンプーと侮るなかれ。シャンプーこそ髪の健康を左右する、最も大事なヘアケアなのだ。

②血行促進のケアを甘く見てはいけない

 薄毛原因のひとつとして、血流不足がある。頭皮の血流が不足すると、栄養が行き届かなくなり、髪の成長を止めてしまうからだ。

 最も大事なヘアケアであるシャンプーやすすぎのとき、プロは必ず指の腹を頭皮に当てて、襟足~頭頂部に向かってマッサージをする感覚で汚れを浮かせる。実はこれだけでも血行促進には効果がある。そして、タオルドライ後に頭皮用ローションや育毛剤を塗布する習慣が身についている。

 女性ならイメージは容易かもしれない。たとえば、洗顔だけでは顔の汚れは落ちても肌は整わない。必ず化粧水をつけて潤し、肌の乾燥を防ぎ、肌の老化を食い止めるのだ。

 そう、頭皮も顔とつながる「肌」である。育毛ローションなどで潤して栄養を与えることは、薄毛対策には必須と言っても過言ではない。もし「育毛剤が効かない」と不満を感じているならば、その使い方がおざなりになっていないだろうか。

 ただつけるだけは、毛髪の成長は見込めない。大切なのは、やさしく指の腹でマッサージしながら<擦り込む>こと。お風呂上りの30秒だけでも、まずトライしてみよう。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆