パッチだけでインフルエンザのワクチン接種が可能!? 侮れない<夏のインフル>に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

38〜40℃の高熱に襲われ、重症化しやすい夏のインフルエンザに注意を!

 ところで、インフルエンザは、免疫力が低下すると、冬季だけでなく、夏季に流行する時がある。なぜだろう?

 インフルエンザは、常夏の東南アジアの雨季に新型のインフルエンザウイルスが蔓延するため、来日した外人観光客や帰国した日本人旅行者から感染しやすい。

 また、真夏の沖縄では、室内冷房をインフルエンザウィルスが好む低温低湿に保つことから、流行ることが少なくない。

 夏のインフルエンザの特徴は、冬のように予防接種を受けていないので、免疫力が低下していることから、38〜40℃の高熱に襲われ、重症化しやすい点だ。

 関節痛、筋肉痛をはじめ、悪寒、倦怠感、食欲不振、下痢、腹痛、咳・鼻水・のどの痛みなどを伴うので、早めに医療機関を受診し、人に感染させないように注意しよう。(参考/Wikipediaなど )。

 予防は、うがい、手洗い、マスクの徹底、除菌スプレーの常備などだが、体力と免疫力を高めるために、規則正しい生活、栄養バランスいい食事、十分な水分補給と休養、適度の運動が大切なのは言うまでもない。

 特にエアコンは室内が乾燥し、ウイルスが活発化しやすいので、注意したい。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔