シリーズ「DNA鑑定秘話」第54回

蚊が吸った「血液」のDNA鑑定で犯人逮捕へ! 4兆7000億人分の1人の判定精度で犯罪抑止

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

判定精度は4兆7000億人分の1人という高精度

 吸血蚊からDNA型を判定する――。この発想は実に興味深い。国内外で自身に蚊を吸血させてDNA型を行った研究はあるが、今回のような犯罪抑止をめざした系統的な研究は少ない。

 吸血蚊からDNA型をどのように判定したのだろう? その流れをもう少し説明しよう。

 まず、卵から専用飼育箱で飼育した蚊(アカイエカとヒトスジシマカ)を1匹ずつ、透明な円形プラスチックカップに入れる→開放部を薄手のパンストで覆う→パンスト部分を被験者の腕に当てる→蚊がパンストを通して十分吸血した段階で、カップを腕から離す。

 パンスト部分をショ糖溶液で湿らせたガーゼ片で覆う→設定された経過時間(0、1、2、3、4、6、8、12、18、24、36、48、72時間)後に、カップをジエチルエーテルで飽和したビニール袋に入れて殺虫する→直ちに実体顕微鏡で蚊を撮影する→時間経過とともに吸血された腹部の血液が次第に減少する→腹部の先端から徐々に卵巣が成熟する→72時間後、ほぼすべての血液が消化され、腹部が卵巣で占められる。

 次に、多色の蛍光標識プライマーを用いる「マルチプレックス法」によって、吸血した血液のDNAの低分子濃度を抽出し、DNA型を判定する→血液の消化状態によって、吸血後の経過時間の推定を行うという流れになる。

 吸血した血液のように低分子化したDNAを解析できる「マルチプレックス法」なら、一卵性双生児を除き、ほほ100%の高確率て個人を識別できる。その識別精度は4兆7000億人分の1人もの高精度だ。となれば、少々蚊に刺されて怒るのも大人げない気がする。火のない所に煙は立たない。蚊のいない所に犯人は逃げきれないのだから。

 とはいうものの、「デング熱」や「日本脳炎」などによって毎年100万人以上が命を落としている今、世界中で蚊の撲滅作戦が進んでいるのだが――。
(文=佐藤博)


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「DNA鑑定秘話」バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆