米国でイヌの「インフルエンザ」が大流行! ただし、ヒトへの感染は心配なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルドッグやシェパードは重度の肺感染症を発症しやすい!ネコに感染するリスクも!

 症状はどうだろう? ヒトのインフルエンザのように、咳、発熱、体調の悪化などを伴う。症状は1週間ほど続くが、その後さらに1週間前後にわたって咳が残ることもある。治療薬はなく、水分補給、栄養補給、輸液などの対症療法しかない。

 Parrish氏は「60~80%で予防効果が期待できるワクチンもあるので、接種すれば感染しても軽症で済む。だが、数週間の間隔をあけて2回接種しなければならない。ドッグショーや預かり施設などに連れて行くなら、感染リスクが高まるため、接種すべきだ」と強く勧める。

 なお、ヒトと同様に、イヌもインフルエンザによって死ぬことがある。特に高齢や幼齢のイヌ、他の疾患があるイヌはリスクが高い。Dubovi氏は「細菌性肺炎を併発すれば、特に重篤化しやすい。ブルドッグやシェパードなどは、重度の肺感染症を発症しやすいので、要注意だ」と話す。

 さらに、このウイルス株は、ネコに感染するという報告もある。愛犬家だけでなく、愛猫家も油断できない。わが家のワンニャンたちも、「対岸の火事だよ〜」と能天気に昼寝していられなくなるのだろうか?
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子