認知症は遺伝するのか? 親が80歳前に認知症の場合、子の発症リスクは2.6倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<不可解な遺伝>はここに起因している?

●親が認知症になると子どもが認知症になるリスクが、そうではない人に比べて1.67倍に高くなった。
●特に「親が80歳未満」で認知症と診断されていた場合、子どもの発症リスクは2.58倍に上がった。
●しかし「親が80歳以上」で認知症と診断された場合は1.01倍と、有意な差はなかった。
●親が「80歳未満」で認知症と診断されていた場合、被験者の診断年齢と親の診断年齢との間に強い相関が示されたが、「80歳以上」の場合は有意な関係性はなかった。
●脳MRIで認知症が認められなかった1161人の被験者の親の認知症歴は、「脳灌流の低下」「白質病変」「微小出血」と関連していた。
●発症したのが「父親か母親かによる認知症リスク」に差はなかった。

 つまり「親が80歳未満」の若いうちに認知症になった場合は、子どもが認知症になるリスクが有意に高くなる。また、親が認知症を発症した被験者には脳灌流の低下や小さな血管病の傾向が見られ、もしかすると不可解な遺伝はここに起因しているのかもしれないという。

遺伝よりも生活習慣病のほうが危ない

 

 「親が若い時に認知症になると子どもの認知症リスクは2.58倍」――。この結果をどう受け止めればよいのだろう?

 現在、認知症で遺伝が疑われているものに「家族性アルツハイマー型認知症」がある。ただし64歳よりも前に発症する「若年性アルツハイマー型認知症」の1割に過ぎず、実際に遺伝子異変が明らかになったケースはさらに半分程度といわれている。

 これはレアケースでしかなく、今のところはほとんどの認知症にはっきりとした遺伝性は認められていないのだ。

 既存の研究から認知症のリスク因子として挙げられているのは、「年齢」「頭部外傷」「生活習慣病」「喫煙」「社会的・経済的要因」「遺伝的要因」「うつ病」「難聴」「視力低下」など多岐にわたる。

 なかでも強いリスクでありながら、改善も可能なのが「生活習慣病」。

 中年以降の「高血圧」「糖尿病」「肥満」などだ。それに対して「野菜や果物、魚をたくさん食べる食習慣」「週3日以上の有酸素運動」「社会的な繋がりを持ち続けること」など、認知症を予防できるライフスタイルについても明らかになってきた。

 今や80歳以上の4分の1が認知症になるといわれ、身内に誰も認知症患者がいないほうが珍しい時代だ。遺伝的要因についてはさらなる究明が必要だが、まずは認知症になりにくい生活習慣を守ることが前向きな姿勢ではないだろうか。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆