がんは遺伝的変異別に治療する時代「免疫チェックポイント阻害剤」で世界の薬品会社が開発競争

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内で開発が進んでいる「免疫チェックポイント阻害剤」は3種類7薬剤

 2011年3月、FDAがヤーボイ(イピリムマブ)を悪性黒色腫の治療薬として初承認して6年余り。2013年9月、京都大学医学研究科の本庶佑(ほんじょ・たすく)客員教授らが、免疫のブレーキとして働く「PD-1」による自己免疫疾患の抑制機構を発見してから、わずか4年足らず。

 2017年5月30日現在、国内で開発が進んでいる免疫チェックポイント阻害剤は、「抗CTLA-4抗体(ヤーボイ、トレメリルマブ)」「抗PD-1抗体(オプジーボ、キイトルーダ)」「抗PD-L1抗体(アテロリズザム、デュルバルバム、アベルマブ)」の3種類7薬剤だ。

 「ヤーボイ」「オプジーボ」「キイトルーダ」の3薬剤は、厚生労働省の承認済みだが、「トレメリルマブ」と「抗PD-L1抗体」の4薬剤は未承認だ。

 ヤーボイ、オプジーボ、キイトルーダの大躍進は、がんという暗黒大陸の牙城を揺り崩している。その安全性・有効性・経済性のアドバンテージが高まれば高まるほど、がんと苦闘する夥しい患者らに勇気を与える。幼気な子どもたちの命が救済され、笑顔が取り戻せるにちがいない。

*参考文献:「メディカル・サイエンス・ダイジェスト」Vol. 41, Aug. 2015、「実験医学」Vol. 33, Sep. 2015、「医学のあゆみ」Vol. 256, No. 7, Feb. 2016 ほか
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆