500万人超の「がんサバイバー」が恐れる「二次がん」〜なぜか若者に高い死亡率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二次がんに関する研究は十分ではない

 たとえば治療への応答性が悪いこと、一度がんの治療を受けているために受けられる治療の種類や用量が制限されること、治療に耐えるための体力の低下などが考えられるという。

 また、研究グループは「若い人は必要な支援や資金を十分に得られない」と指摘。「適切な保険に加入していない場合や、医療制度をうまく利用できない場合もある」と説明する。

 研究著者である米カリフォルニア大学デイビス総合がんセンターのTheresa Keegan氏は、「がん生存者では二次がんの発症率が高いことはよく知られているが、その転帰(病気治療による経過や結果)や年齢による違いはあまり知られていなかった」と述べている。今回の研究は、初めてそれらを大規模に調査したものだ。

日本こそデータ収集と医療支援の体制づくりを

 日本では、大人のがんに比べれば患者数は少ないものの、毎年、約2500人の子どもが新たに小児がんを発症し、現在は1万6000人近い子どもが小児がんと闘っている。また、若年者の乳がん患者も、年を追うごとに増え続けている。

 若いうちにがんになると、就学先や就職先の無理解、相談・支援体制が整備されてないために、困難に直面する場合がある。また、一度がんになると、医療保険の掛け金が高額になり加入もむずかしい。

 さらに二次がんが発生した場合、小児がんの時には受けられた国からの医療費支援も、20歳を過ぎると受けられなくなる。

 若年者の二次がんには、中高年とは違った側面の困難がある――。しかし現在の日本では、発生率や年次推移等のデータがほとんどないのが現状だ。

 急激な勢いでがんサバイバーが増え続けているわが国こそ、治癒率の向上のために、二次がんに関する詳細なデータ収集と医療支援の体制づくりが急がれるべきだろう。
(文=編集部)

トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆