シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」27回

トランプ大統領のアメリカ第一主義で日本に「アルミニウム」の添加物が押し寄せる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安倍政権がサイドレターの履行に応じるのは明白

 今日の状況は当時と変わりません――。

 米国産の輸出用柑橘類には多くの防カビ剤が使用されています。日本で販売するためには、それらの防カビ剤を日本で食品添加物に指定させなければなりません。食品添加物の指定作業が日本は遅すぎると米国は言っているのです。

 また「日本は『未指定の国際汎用添加物について、原則としておおむね1年以内に食品添加物として認めることを完了する』とした2012年の閣議決定を誠実に実施すべき」と、オバマ前米大統領はTPP加盟の条件として日本に突き付けてきました。こうした要求も、トランプ政権がTPPを離脱したことで、日本が履行する必要はなくなったはずです。

 しかしトランプ大統領は、日本の自動車輸出の関税が低すぎると非難する一方、サイドレターの履行を日本に迫っています。安倍政権がこれに応じるのは明白で、さらに多くの防カビ剤が食品添加物に指定され国民の健康を脅かすことになるのは確実です。

アルミニウムを含有する食品添加物

 問題なのは防カビ剤だけではありません。

 日本では食品への使用が認められていないアルミノケイ酸ナトリウム(固結防止剤)、ケイ酸カルシウムアルミニウム(固結防止剤)、カルミン(着色料)、酸性リン酸アルミニウムナトリウム(膨張剤)の4品目を食品添加物と早急に認めるように、米国が要求してきていることです。

 この4品目の共通点は、アルミニウムを含有するということです。

 アルミニウムについては、2006年のFAO(国連食糧農業機関)およびWHO(世界保健機関)合同食品添加物専門家会議で、従来の摂取量基準7mg/kg以下の用量で、生殖系および神経発達に影響を与えることが判明したのです。その後も水腎症など泌尿器病変などの悪影響も判明し、2011年に摂取基準が2mg/kgまで引き下げられました。

 コーデックス委員会(国際食品規格委員会)やEUでも、アルミニウムを含有する添加物由来の摂取量を低減させるために、食品添加物の基準見直しを進めています。また、アルミニウム摂取とアルツハイマー病の関連も完全に否定されたわけではありません。あえてアルミニウムを摂取する愚は行うべきではありません。

 にもかかわらず、安倍政権はアルミニウムを含有する4品目を新たに食品添加物に指定しようとしているのです。安倍首相が日本国民の健康を本当に考慮しているのか否か。指摘するまでもないでしょう。

シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」バックナンバー

郡司和夫(ぐんじ・かずお)

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法政大学卒。食品汚染、環境問題の一線に立ち、雑誌の特集記事を中心に執筆活動を行っている。主な著書に『「赤ちゃん」が危ない』(情報センター出版局)、『食品のカラクリ』(宝島社)、『これを食べてはいけない』(三笠書房)、『生活用品の危険度調べました』(三才ブックス)、『シックハウス症候群』(東洋経済新報社)、『体をこわす添加物から身を守る本』(三笠書房・知的生き方文庫)など多数。

郡司和夫の記事一覧

郡司和夫
幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行