迷うあなたにお見舞い品のギフトブック~問われる常識とセンス、思いやり……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
41307151.jpg

匂いのキツい百合はNG(depositphotos.com)

 『愛をこめて花束を』はSuperfly、『花束を君に』は宇多田ヒカルの大ヒット曲――。

 この2曲がもたらす経済効果の試算はないが、誰かへの贈り物を選ぶ際にふと、これらの歌詞が思い浮かび「花束」に決めたという人も少なくはないだろう。

 母の日に、知人の誕生日に、渡しそびれていたお祝い品の代用サプライズとして、あるいは急に飛び込んできた入院報のお見舞い時に――ひさしぶりに花屋さんに足を運び、じぶんでチョイスする愉しさのお裾分けを受けた、なんて方もおられるだろう。

 だが、お見舞い用の花束に関しては「礼儀」上の「規則」があることをあなたはご存じだろうか。

 まず第一に、肝心な花の種類選びに関して。個室か相部屋を問わず、あまり「匂いのキツいもの(百合など)は選ばない」という基本はよく知られている。菊や小菊の類いは、葬儀の情景を連想させるので選ばないのは常識だろう。

NG花の理由はご存じ?

 また、ロマンチックな響きを放つシクラメンも縁起上、適切でないことをご存じの方はどれくらいおられるだろうか。

 これは語呂の問題で「シ」が死を、「ク」が苦を、思い起こさせるためにNG。同じく縁起の悪さでNGが「椿」で、こちらはその朽ち方(花の散り際)が「首から落ちる」のでシャレにならないそうだ。

 また、バラに代表される「真っ赤な花」の部類も「血」を連想させるので見舞い時のチョイスとしては避けたいものだ。

 NG項目はまだまだあって、贈られた側が花瓶(=落して割れるリスクを伴う)を必要とするような花の選択は非常識、そのての花は細菌の繁殖もしやすいというWリスクも有している。

 ならばと思っても、ご存じのとおり、鉢植えは「根つく(寝つく)」を連想させる――日本人のおもてなし(規則)にはなかなかに細かい配慮が必要だ。

 お見舞い品というデリケートな案件の場合、そのチョイスは贈る用途を選択の達人(プロの花屋さん)に告げて選んでもらうのが無難だろう。

 いや、たとえ見舞い品といえどもそこはやはり、じぶん自身の選択眼(センス)も含めて贈る相手に伝えたいもの。関係が深く、大切な人であればなおさらに――できれば枯れてしまう花を贈るよりも、直接伺えない代わりになにか素敵な、洒落たお見舞い品はないものだろうか?

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真