いくら歯を磨いても胃腸も悪くないのに「口臭」がする……そんな「喉口臭」の予防法・対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
126830074_s-2015.jpg

「喉口臭」の予防法・対処法は? (depositphotos.com)

 歯をちゃんと磨いているのに、歯も胃腸も悪くないのに、喉の奥から口臭がする……。そんな「喉口臭」に悩んでいないだろうか?

 ヘルスケア・ビューティケア事業を展開する株式会社いいの製薬(神奈川県横浜市)は、2015年10月に口臭ケア洗口液「ルブレン」を発売したところ、今年1月に月間販売数1000本を突破した。

 ニュースリリースによると、「ルブレン」はフランスのエコサートの有機認証を受けたオーガニック成分5種類(着香剤のシークワーサー果実水、保湿剤のローズマリー葉エキス、清掃助剤のフランスカイガンショウ樹皮エキスなど)を主原料に、有機JAS認定のオーガニック成分(甘味剤のキシリトール、トレハロースなど)を約46%配合し、パラペン、フェノキシエタノール、石油・鉱物由来の化学物質、着色料、合成香料を一切添加しない天然のオーガニック洗口液だ。

 独自性法(Organic Herbal Method)に基づいて、ISO9000を取得した国内工場だけで生産し、ドイツの自然化粧品認証BDIH、国際非営利団体認証NATUREも受けている。

 使い方は簡単。歯みがきの後に1日3回、2プッシュするだけで喉口臭を緩和・予防できる。柑橘系の風味と甘味、ピリピリしない清涼感が特徴だ。使用感の満足度約90%(2016年1〜8月の顧客調査)としている。

 口臭ケア洗口液「ルブレン」に興味がある人は、この「株式会社いいの製薬」のサイトなどを参考にしてほしい。

 ただし、妊娠中の人、基礎疾患のある人、口腔粘膜が弱い人、口内炎が酷い人などは、医師や歯科医師の診断や指示を必ず受けてから利用してほしい。

喉口臭って何? その原因は?

 そもそも喉口臭はなぜ起きるのだろうか?

 口臭の原因は歯周病や胃腸病などの内臓疾患だけではない。扁桃(扁桃腺)の膿栓や舌苔も喉口臭の原因になる。膿栓は、細菌の死骸などが扁桃に固まってできる臭い塊、舌苔は、舌の上皮に細菌の死骸、食べ物や粘膜のカスなどが付着した白い汚れだ。

 口呼吸や後鼻漏(鼻水が喉に流れて咳や痰がでる)などによって侵入したゴミ、ホコリ、細菌、食べカス、新陳代謝で剥がれたタンパク質などが、扁桃の膿栓や舌苔に蓄積すると口臭が発生する。それが、喉口臭だ。

 唾液の分泌不足による口の渇き、免疫力の低下、口呼吸をはじめ、食べ残しが多い歯みがき、喫煙、加齢、更年期障害、ストレス、糖尿病などの全身的疾患、薬の副作用などの複合的な原因が重なれば重なるほど、膿栓や舌苔による喉口臭は強まる。

 だが、膿栓や舌苔による喉口臭は、歯科と耳鼻咽喉科に股がるグレーな領域のため、診療が見逃される傾向が強いことから、歯を磨いても喉の奥から喉口臭を訴える人が少なくない。

 膿栓を取ろうとして扁桃を歯ブラシ、綿棒、耳かき、ピンセットなどでこすれば、扁桃腺炎、高熱を発症したり、出血したりして危険だ。今後も過剰なストレス、生活習慣病、高齢化などに伴って喉口臭を訴える人がますます増加するだろう。

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛