乳幼児が安心して遊べる「公園」とは?年齢別にエリアやゾーンを分けた公園の整備を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳幼児、幼児、児童の年齢別にエリアやゾーンを分けた公園の整備を急げ!

 荻須隆雄氏(公園のチカラLAB 特別アドバイザー/元玉川大学教育学部教授)は、今回の調査結果を踏まえて、次のように総括している。

 まず、大規模の公園なら年齢帯でエリア分けする。小規模な公園ならいずれかの年齢帯に重点を置いた公園の整備が必要になる。

 つまり、安全性と発育・発達の観点に立てば、子どもをひとくくりにできないので、安心して乳幼児・幼児を遊ばせる公園にするには、乳幼児(1才~3才未満)、幼児(3才~6才未満)、児童(6才~12才)の年齢別にエリアやゾーンを分けなければならない。

 たとえば、安全性だが、よちよち歩きの乳幼児・幼児と動作も体格も違う小学生が同じスペースで遊べば、危険性が大きい。乳幼児・幼児向けの遊具の設置のほか、這い這いしたり、寝転がれる芝生コーナーもあれば理想的だ。一方、小中学生が遊ぶエリアは高いネットで囲い、思いっきりボール遊びができる工夫も求められる。

 特に幼児期は、特定の運動の上達よりも、走る、跳ぶ、滑るなどのさまざまな外遊びによって運動神経を身につける。乳幼児から発達状況に応じた食生活、適度な運動、充分な休息・睡眠という健康3原則が大切になる。

 現在、国土交通省は、国家戦略特区だけで認められている都市公園内の保育所の設置を進めつつある。都市公園内の保育所の設置が進めば、待機児童の解消だけでなく、専用の園庭を確保できない保育所は、都市公園を園庭の代わりに活用し、満2歳以上の幼児を遊ばせることができるため、都市公園の整備がますます重要になる。

 さらに、荻須氏は、小規模の都市公園は自治体の管理だけでなく、町内会や近隣のボランティアなどが清掃に関わっているので、犬を散歩させる時は糞を始末する、ネコや鳥にエサやりしない、子どもを遊ばせる母親もトイレを汚さないなどの心掛けも重要だと指摘している。

 公園のチカラは絶大だ。子どもたちは、安全・安心、身近かさ(利便性)、遊具や自然の楽しさ、清潔さ、快適さに包まれた公園で思い思いに遊びながら、スクスクと成長する。公園育ちの子どもたちの成長と発達のために、国も社会も親も果すべき仕事は限りなく残されている。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真