「ポケモンGO」死亡事故で実刑判決! ドライバーに「ながら運転は危険」の認識ナシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ポケモンGO」の死亡事故で実刑判決!「ながら運転は危険」という認識のないドラーバーたちの画像1

「ながら運転」は危険だという認識のないドライバーが……(depositphotos.com)

 昨年(2016年)10月26日の夕刻、愛知県一宮市内の交差点で、トラックを運転中していた同市在住の会社員(36歳)が、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の表示に気を取られ、横断歩道を渡っていた則竹敬太くん(当時9歳)を跳ね死亡させた。

 検察側の冒頭陳述によれば、「ポケモンGO」でモンスターを獲得するには車利用が効率的と考え、被告は何度も運転中にプレイをくり返していた。ゲットした90種類中8割は、その成果だった……。

 小学校4年生の次男を突然奪われた父親は、意見陳述で次のように訴えた。「悲惨な思いをする人をなくすためには少しでも重い刑を科すしかない」。その悲願がかない、3月8日、名古屋地裁一宮支部がくだしたのは禁錮3年(求刑・禁錮4年)という実刑判決だった。

<ながら運転は危険>の認識なくハンドルを握る人々

 出血性ショックで少年の命を奪った会社員は、公判で起訴内容を認め、被告人質問ではこう述べた。「愚かなことをした……『ながら運転』は危険との認識がなかった」。弁護側は執行猶予付き判決を求めていた。

 被告自身による事故当時の状況証言を正確に引いておこう。

 「小学生が横断歩道の脇にいるのは見えたが、飛び出さないと思ってスマホに目を落とした。『ながら運転』は危険との認識がなかった……」

 意見陳述で敬太くんの母親は「私たちの宝物を一時の欲求のために奪ったことを重く、重く受けとめてほしい」と語った。しかし、検察側の「過失は極めて重大」との指摘に対し、弁護側は「信号無視や酒気帯びなどの危険な運転と一線を画す」と主張した。

 公判後の会見で敬太くんの父親が「うわべだけのように聞こえた」と不満を口にしたのも無理はない。だが、むなしくかつ残念ながらも、被告の反省弁に、おそらく嘘はないだろう。完全な「常習」であり、「交通安全への意識が希薄」(検察側)なのではない。

 「認識がなかった」とする被告自身の証言のほうが正鵠を得ているだろう。

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆