GENKINGさんも「性同一性障害」を公表~トランスジェンダーのトイレ論争に男性は不寛容?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性は「性自認が女性」の「男性用トイレ」の使用に不寛容

 この報告は、南開大学(中国)/モナッシュ大学(オーストラリア)のRebecca Stones氏らの世論調査分析によって纏められたものだ。

 Stones氏ら研究陣は分析対象としてまず、性自認が女性であるトランスジェンダーの公衆トイレ使用に関するオンライン上の主要ニュース記事(計190本)を抽出。それらの関連記事に対し、読者が寄せた投稿コメント(1035件)をつぶさに分析した。

 その結果、男女層双方の違いが明確に読み取れたという。

 「Transgender」を直訳すれば「逆側に行く性」となるが、「性自認が女性」である人物が「男性用トイレ」を使用をすることに対し、男性寄稿者は総じて「安全性」や「プライバシー」への懸念を示し、その傾向は男女比で約1.55倍も多く読み取れた。

 そもそも女性読者は、米国内を二分しかねないこの問題の関連記事自体にコメントする可能性が著しく低いようで、コメントを寄せる女性の場合も意見そのものが男性よりも控えめ傾向だったようだ。

 むしろ女性は、トランスジェンダーの女性を偽装する「変質者」の存在を憂慮していた。逆もまた真なりというべきか、男性は男性で、強い懸念を抱く理由のひとつに、多くの男性が自分自身の存在を「女性を守る者」と見ている傾向にあったという(騎士道精神か!?)。

 さらに米国男性の場合、トランスジェンダーの女性を「女性」と見なすこと自体に寛容ではなく、性自認についても「嘘をついている」か「間違っている」と受け入れられないのが大勢のようだ。

アメリカの男性は女性を守っている(守ってあげたい)と考えている

 Stones氏は先の論文で、以下のように記している。

 「どうやら男性は、自分が女性のみの空間に侵入するそういう(出生時登録上の)男性から、女性を守っている(守ってあげたい)と考えているようだ」

 前述のオバマ前政権とノースカロライナ州の「トイレ対立」には、アップル社やディズニー社も参戦して州に抗議の意思を表明。同州内に関連施設を計画していた決済サービスの大手企業が白紙撤回するほどの問題に発展中だ。

 前出のGENKINGさんあたりは、この大揺れ問題にどう答えられるのだろうか? また元気な姿で番組登場してコメントを訊いてみたい。
(文=編集部) 

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆