なぜ日本人は「公共の場」でも居眠りができるのか?平均睡眠時間は男性6.44時間、女性6.32時間!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日中に居眠りを繰りかえすナルコレプシーの恐怖

 しかし、マイクロスリープが頻繁に起こる場合は、睡眠不足や疲労が原因でなく、睡眠障害の可能性がある。日中に居眠りを繰り返すナルコレプシーだ。ナルコレプシーは、車の運転中、食事中、会議中などに突然睡魔に襲われる過眠症(居眠り病)だ。

 眠る時間は10~20分と比較的短く、眠りから目が覚めたときはスッキリしているが、1~2時間後に強い眠気に襲われ、3~10回程度繰り返す。ナルコレプシーの眠気は、3日間眠らなかった時と同程度の強い眠気を伴う。

 もう1つの特徴は、笑う、驚く、怒るなどの感情の変化に伴って身体の力が突然抜ける情動脱力発作が起きる点だ。発作が起きると、転倒したり、呂律が回らなくなったりする場合があるが、数秒で収まる。だが、意識があるのに、身体が動かない恐怖感に陥る。

 このように、昼間に短時間の睡眠を繰り返したり、情動脱力発作が起きるほか、眠り始めのレム睡眠のタイミングで幻覚を見たり、金縛りに会う場合もある。

 ナルコレプシーは10代~20代前半に好発し、中年以降に発症するケースは稀だ。潜在患者は全人口の約0.05~0.1%(約1000人に1人)。覚醒状態から急にレム睡眠に入る症状、脳脊髄液の中のオレキシンAの低濃度、ストレス、遺伝的要因などが原因とされるが、抜本治療はない。ナルコレプシーは、うつなどを併発するリスクもある。

 深刻な睡眠不足、就寝中に呼吸が一時的に停止する睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーなどの睡眠障害が気になるなら、睡眠外来、心療内科、精神科などの専門医の診断・治療を必ず受けてほしい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆