清原和博「覚せい剤は怪物、悪魔、戦いは一生続く」〜再起の最大の敵は「社会的孤立」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事のプレッシャーや孤独のつらさからクスリへ

 インタビューのなかでは、離婚後、息子と会えないつらさもにじませた。離婚後、週末に野球をしている息子の姿を観に行っても、帰りは別々。そのつらさから、薬物に手が伸びたこともたびたびあったようだ。

 しかし、このような自分が息子に会えたとしても、何を言えばいいのかは分からない、と涙を流して懺悔した。

 インタビューから垣間見えるのは、剛胆に見える清原氏が、実は繊細で仕事へのプレッシャーや孤独のつらさをごまかすために薬物に溺れていった姿だ。

 最初は、使えば元気になったような気がしても、結局一度使えば二度、三度……頻度やクスリの量をコントロールできなくなっていき、生活が破綻していく。

手を差し伸べてくれる人への恩返し

 言葉を選びながら「治療を終えても<薬物をやめた>とは言い切れない」と言う清原氏。薬物依存の恐ろしさが伝わる、衝撃的な内容だったのではないだろうか。

 プロスポーツ選手は、年を重ねて衰えていく自身と戦い続けなければならない職業でもある。いまにして思えば、清原氏の虚勢を張った態度や服装もその不安をかき消すためだったのかもしれない。

 <清原和博が嫌になった>という彼が、本心と素顔をメディアの前にさらし、もう一度、清原和博をやり直す決意を語った。

 後悔と懺悔の毎日の中で「いまでも手を差し伸べてくれる人、サポートしてくれる人への恩返しとして、一日一日を闘っていくしかない」と語る清原氏。<クスリを使用できる環境に身を置かない>ためにも社会とのつながりを不可欠だ。一世を風靡したかつてのヒーローの、真の社会復帰を願わずにいられない。
(文=編集部)

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘