【閲覧注意】「ペット殺処分ゼロ」が進まない原因とは? 元凶は子犬らしさを売り物にした展示販売?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
satsusyobun-mosaic.jpg

窒息させて苦しみながら息絶える犬たち(画像はモザイク加工のもの)

 8月26〜27日に、犬猫の「殺処分ゼロ」をめざすイベント「アニマル・ウェルフェアサミット2016」が、東京都文京区の東京大学(本郷キャンパス)で開催された。

 このイベントは、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんが代表を務め動物福祉をめざす「クリステル・ヴィ・アンサンブル」、広島県を拠点に犬の殺処分活動「ピースワンコ・ジャパン」に取り組む国際協力NGO「ピースウインズ・ジャパン」、犬猫の譲渡会などを展開する「Do One Good」の3団体が共催。

 自治体として「殺処分ゼロ」を達成した神奈川県が事例を報告。「ペット殺処分ゼロ」を公約に掲げる小池百合子都知事も登壇した。

 保健所で殺処分されている犬猫は、決して安楽死で最期を迎えるわけではない。「ドリームボックス」と呼ばれる狭い密閉空間に何頭も押し込められ、そこに二酸化炭素を充填して窒息死させる。苦しみながら息絶えるのだ。

 ヨーロッパ諸国に根づく「アニマル・ライツ(動物の権利)」の観点からも、せめて安楽死をさせるべきだ。しかし、コストや手間暇が掛かることや、手を下す獣医師の心理的な負担から、「ドリームボックス」のような方法がとられているのが現実なのだ。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇