【閲覧注意】「ペット殺処分ゼロ」が進まない原因とは? 元凶は子犬らしさを売り物にした展示販売?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
satsusyobun-mosaic.jpg

窒息させて苦しみながら息絶える犬たち(画像はモザイク加工のもの)

 8月26〜27日に、犬猫の「殺処分ゼロ」をめざすイベント「アニマル・ウェルフェアサミット2016」が、東京都文京区の東京大学(本郷キャンパス)で開催された。

 このイベントは、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんが代表を務め動物福祉をめざす「クリステル・ヴィ・アンサンブル」、広島県を拠点に犬の殺処分活動「ピースワンコ・ジャパン」に取り組む国際協力NGO「ピースウインズ・ジャパン」、犬猫の譲渡会などを展開する「Do One Good」の3団体が共催。

 自治体として「殺処分ゼロ」を達成した神奈川県が事例を報告。「ペット殺処分ゼロ」を公約に掲げる小池百合子都知事も登壇した。

 保健所で殺処分されている犬猫は、決して安楽死で最期を迎えるわけではない。「ドリームボックス」と呼ばれる狭い密閉空間に何頭も押し込められ、そこに二酸化炭素を充填して窒息死させる。苦しみながら息絶えるのだ。

 ヨーロッパ諸国に根づく「アニマル・ライツ(動物の権利)」の観点からも、せめて安楽死をさせるべきだ。しかし、コストや手間暇が掛かることや、手を下す獣医師の心理的な負担から、「ドリームボックス」のような方法がとられているのが現実なのだ。

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛