<勝っても負けてもやめられない>課題山積のカジノ法案で「ギャンブル依存症」が増加!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「焼け焦がれるような感覚がたまらない」

 井川氏は、マカオやシンガポールのカジノで106億8000万円を使い、会社の金を不正に借り入れて2011年に逮捕され、懲役4年の実刑判決を受けた。同書のなかでギャンブルの恐ろしさをこう記している。

――――――――――――――――――――――――――――――

 カジノのテーブルについた瞬間、私の脳内には、アドレナリンとドーパミンが噴出する。勝ったときに高揚感もさることながら、負けたときの悔しさと、次の瞬間に湧き立ってくる「次は勝ってやる」という闘争感がまた妙な快楽を生む。だから、勝っても負けてもやめられないのだ。地獄の釜の蓋が開いた瀬戸際で味わう、ジリジリと焼け焦がれるような感覚がたまらない。このヒリヒリ感がギャンブルの本当の恐ろしさだと思う。

――――――――――――――――――――――――――――――

 精神疾患の診断基準であるDSM-5には「ギャンブル障害」という病名がある。その診断基準は、以下のようなものが掲げられている。

・興奮を得たいがために、掛け金の額を増やして賭博をする要求。
・賭博をするのを中断したり、または中止したりすると落ち着かなくなる、またはいらだつ。
・賭博をするのを制限する、減らす、または中止するなどの努力を繰り返し成功しなかったことがある。
・賭博のために、重要な人間関係、仕事、教育、または職業上の機会を危険にさらし、または失ったことがある。

 ギャンブル依存のために失われた仕事、健康、家族、人間関係などの多くは、二度と取り戻すことができない。これ以上悲劇を増やさないためにも、安易なカジノの合法化にはストップをかけるべきだ。
(文=編集部)

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行