人間以外の動物も「老眼」になるのか? 野生の猿(ボノボ)にも40歳前後で遠視の症状が!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼の原因は眼球の新陳代謝の機能低下

 人間における老眼の実態はわかっている。老眼は視力低下だけの問題ではない。身体全体の老化現象があり、そのなかで眼球機能が低下して、さまざまな症状が出てくる。

 そのひとつが白内障である。水晶体が白く濁って見えにくくなる。加齢による老人性白内障は多い。老人の目の手術といえば白内障治療である。

 次に涙が出にくくなる。涙はゴミなどを洗い流して眼球を守る役割がある。涙が出にくくなると、角膜障害が起きやすい。老人になると涙もろくなるが、それは感情の起伏と涙が出る量を、身体がコントロールできなくなったために起きている。

 眼球が老化するとは、眼球の新陳代謝の機能が低下することである。歳をとると筋肉の柔軟性がなくなって、体が硬くなる。同じように、眼球のなかにあって視力をコントロールする水晶体が、老化によって硬くなる。弾力性がなくなっていく。そして、視力調整能力が低下して視力が落ちていく。

 老化すると免疫力も低下する。感染症にかかりやすくなり、最悪の場合、失明することもある。

 私たち人間は文明社会のなかで、視力低下をしても生きることができるようになっている。しかし、野生動物としてのボノボにはそのような選択肢はない。老眼という視力低下によって、サバイバル能力が低下すれば、死につながる。霊長類はこれを避けるために、群れをつくって生きる方法を選択している。

 老眼ボノボは、眼鏡という視力補助具ではなく、群れの力で生き抜いていくのだろう――。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇