インタビュー「女性の薄毛トラブル対策」第2回:北嶋渉医師(銀座HSクリニック院長)

女性の「薄毛」はセルフケアだけでは完治は難しい! 予防と改善のノウハウはあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7万通り以上の組み合わせのオーダーメイドのサプリメントを処方

――それから育毛に効果的なサプリメントはありますか?

 クリニックに来院した患者さんに、オーダーメイドのサプリメントを処方しています。サプリメントの組み合わせ総数は7万通り以上あります。

――クリニックで使われる代表的なサプリをいくつか教えてください。

 サプリではなく「薬」としてください。クリニックでの治療薬としては、びまん性脱毛症内服薬「パントガール」と育毛剤「パントスチン」です。

――症状による使い分けを教えください。効果はいかがでしょう?

 内服薬は全体に作用するので、育毛剤が行き渡らない部分にも効果を発揮します。そういった意味では、部分的に改善したい箇所がある場合は育毛剤、全体的に改善したい場合は内服薬をおすすめします。もちろん併用することで効果はより高くなります。

女性の薄毛はセルフケアだけで完治は難しい

――自宅治療もありでしょうか?

 そうですね。内服薬と育毛剤で自宅治療をする患者さんと、クリニックの治療と自宅の治療の両方を併せて行う患者さん、その2通りの治療をしています。

――男性と比較して、女性の薄毛は改善できる可能性は高いのでしょうか。

 うーん、高いと言えないでしょう。髪の毛が全体的に薄くなってしまったら、セルフケアだけで完全に治るとは言い切れませんね。クリニックで治療を受けた方が薄毛を改善できる可能性は高いでしょう。

――クリニック治療を受けるメリットをここで教えてください。

 まずは効果の強い薬品を使用できること。市販薬やセルフでのケアで使用できる成分 では効果が限定的です。また、治療方法の選択肢があるため、より効率的な改善が見込めます。

――ありがとうございました。最終回では薄毛女性の治療法について詳しくお訊きします。

(取材・文=夏目かをる)


北島渉(きたじま・わたる)
銀座HSクリニック院長。2003年、滋賀医科大学医学部卒業。京都府立医大病院皮膚科、京都市立病院皮膚科、京都第一赤十字病院皮膚科、綾部市立病院皮膚科などを経て、2010年、銀座HSクリニック院長に就任。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘