VR(仮想現実)による「失禁体験」の装置が話題に! 宇宙での排尿訓練に活用されるか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「より生々しい失禁体験ができた」

 さて、実際に失禁VRを体験してみよう。

 失禁VR体験は、まず水をひと口ふた口、飲んだところからスタート→マスクの上から酸素吸入マスクとアイマスクをきちっと装着する→座面の下にある温水の入った水袋で尿の暖かさを体感する→腹巻き型デバイスと腰に着けたベルトの空気袋が膀胱を圧迫して尿意を煽る→首筋のネッククッションとファンが首筋を冷やす→排尿時の寒気や体温低下を感じる→酸素吸入マスクから匂いが届く……。

 まさに失禁感を科学的かつリアルに漏れなく再現していることが分かるだろう。

 研究会は、男性だけではなく女性の体験者も多く、全身の五感すべてを使って失禁を体験してもらえたと胸を張る。ある体験者は「視界が遮られているので、より生々しい失禁体験ができた」と実直な感想を漏らしている。

 失禁体験VR装置――。今後、医療、介護、福祉、教育などの現場でどのように役立つか期待しよう。「宇宙旅行に行く前に失禁体験VR!」も夢物語ではない。
(文=編集部)

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘