VR(仮想現実)による「失禁体験」の装置が話題に! 宇宙での排尿訓練に活用されるか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「より生々しい失禁体験ができた」

 さて、実際に失禁VRを体験してみよう。

 失禁VR体験は、まず水をひと口ふた口、飲んだところからスタート→マスクの上から酸素吸入マスクとアイマスクをきちっと装着する→座面の下にある温水の入った水袋で尿の暖かさを体感する→腹巻き型デバイスと腰に着けたベルトの空気袋が膀胱を圧迫して尿意を煽る→首筋のネッククッションとファンが首筋を冷やす→排尿時の寒気や体温低下を感じる→酸素吸入マスクから匂いが届く……。

 まさに失禁感を科学的かつリアルに漏れなく再現していることが分かるだろう。

 研究会は、男性だけではなく女性の体験者も多く、全身の五感すべてを使って失禁を体験してもらえたと胸を張る。ある体験者は「視界が遮られているので、より生々しい失禁体験ができた」と実直な感想を漏らしている。

 失禁体験VR装置――。今後、医療、介護、福祉、教育などの現場でどのように役立つか期待しよう。「宇宙旅行に行く前に失禁体験VR!」も夢物語ではない。
(文=編集部)

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆