VR(仮想現実)による「失禁体験」の装置が話題に! 宇宙での排尿訓練に活用されるか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「より生々しい失禁体験ができた」

 さて、実際に失禁VRを体験してみよう。

 失禁VR体験は、まず水をひと口ふた口、飲んだところからスタート→マスクの上から酸素吸入マスクとアイマスクをきちっと装着する→座面の下にある温水の入った水袋で尿の暖かさを体感する→腹巻き型デバイスと腰に着けたベルトの空気袋が膀胱を圧迫して尿意を煽る→首筋のネッククッションとファンが首筋を冷やす→排尿時の寒気や体温低下を感じる→酸素吸入マスクから匂いが届く……。

 まさに失禁感を科学的かつリアルに漏れなく再現していることが分かるだろう。

 研究会は、男性だけではなく女性の体験者も多く、全身の五感すべてを使って失禁を体験してもらえたと胸を張る。ある体験者は「視界が遮られているので、より生々しい失禁体験ができた」と実直な感想を漏らしている。

 失禁体験VR装置――。今後、医療、介護、福祉、教育などの現場でどのように役立つか期待しよう。「宇宙旅行に行く前に失禁体験VR!」も夢物語ではない。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真