最も熟睡していないのは<働き盛りの40代男性> 疲労回復に効く「睡眠の質を上げる3つの方法」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠の質を上げる「3つの方法」

①毎日同じ時間に起床する

 生活が不規則で寝る時間がまちまちでも起きる時間は一定にし、起きたらすぐに朝日を浴びる。

 毎朝同じ起床時間で体内時計をリセットすることで、ホルモンや体温調整のリズムが作られ、床に就くのが遅くなっても睡眠の質を上げることで対応できるようになる。休日でも「朝寝坊」「寝だめ」は極力避けよう。

②必ずパジャマに着替えて寝る

 前出のドコモ・ヘルスケアの計測によると、スエットなどの部屋着のまま寝るよりも、パジャマに着替えて寝る人の方が眠りの質が高い。

 具体的には、睡眠時間に占める中途覚醒時間の割合が、スエット派が約21%、パジャマ派は約13%となった。パジャマは眠っているときの体の動きを妨げにくく、また着替えること自体が、睡眠スイッチをONにする役割があるという。

③就寝1時間前に液晶の電源をOFFにする

 床に就くギリギリまでTVやパソコン、スマホの画面を見続けると、脳が覚醒されたままで熟睡を妨げる。

 わかっていてもなかなかやめられないものだが、まずは「手の届く場所にスマホを置かない」「就寝前は読書の時間に」「TVを消して音楽を流す」などの約束事で、寝る前の行動を変えてみよう。

 睡眠時間を長くするのは無理でも、小さな生活習慣を変えるだけで朝の目覚めがすっきりするかもしれない。「よく眠れない」と感じている人は、ぜひ実行してみて欲しい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆