常に「孤独」「ぼっち」を感じる人の14~27%に遺伝的影響! 恋人ができるかもDNAで決まる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人ができにくい「孤独遺伝子」

 類似の先行成果としては、一昨年、中国の北京大学が発表して話題を呼んだ「孤独遺伝子」の発見がある。そちらは「恋人の有無が分かれる年頃」である中国人学生600人を対象に選び、彼らの頭髪サンプルから遺伝子が解析された。

 その結果、中枢神経系にあるセロトニン受容体(Serotonin receptor、5-HT receptor)が特定の種類である人の場合、別の種類の人たちよりも「恋人がいない」確率が高かったという。被験者600人のうち、遺伝の影響下で特定タイプを持つ人の「恋人あり」率は39%、それに対し、もう一方のタイプの後者層は同50.4%と勝っていたそうだ。

 前者のタイプはセロトニン(別名「幸せホルモン」)の生成が少なく、社交面でも心の壁を抱えやすくて、うつ病などに罹りやすいとされている。

 一方、この孤独遺伝子の存在理由に関しては負の面ばかりでなく、「伝染病などで種が絶滅してしまわぬよう、ある種『ノアの箱舟』的に存在している遺伝子なのではないか」と仮説を唱える研究者もいるそうだ。

「慢性的な孤独感の多くは環境的な要因によって生じている」

 中国人の若者600人を対象とした「孤独遺伝子」の先行発見に対し、50歳以上の人生経験者1万1000人を選んで「長きにわたる孤独感」の実相に迫った米国勢の最新知見。それでも遺伝子要因に関しては「慢性的な孤独感のうち、まだ、その約4分の1しか説明できていない」とpalmer氏は述べている。

 「つまり、今回の我々の研究結果が示唆しているのは、慢性的な孤独感は生まれつきの要因(DNA)が4分の1であり、むしろ多くは環境的な要因によって生じているということだ」

 古代ギリシアの哲学者、アリストテレスは「多数の友を持つ者は、一人の友も持たない」と言った。かの文豪、夏目漱石も「のんきと見える人々も、心の底をたたいてみると、どこか悲しい音がある」と書いた。

 今年の12月24日も「クリぼっち」の予感……だったとしても、自ら望んで静かに過ごす「solitude」ならばいいんじゃない! 
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆