「孤独」は「肥満」よりも健康リスクが高い! 交際ビジネスで孤独を解消?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交際ビジネス急成長のターゲットは<孤独な若者>

 <若者なら社会に飛び込んで自分で友だちや恋人を探せばいい>と思われるかもしれない。しかし、今の世相を見るかぎり、それが難しい世の中なのはまちがいない。

 独身一人暮らし、家族と同居でも関係が希薄、職場にはプライベートを持ち込みたくないし、腹を割って話せる友人が身近にいるわけでもない、それが若者の実態だ。

 がんばって巷のパーティーやサークルに参加したとして、そこで信用できる人を見つけたり、長くつきあえる関係を築くのは、相当のエネルギーがいる。

 また、公的サポートには期待できない。孤独な若者の大半は、10代の放課後プログラムを使う年齢ではない。電話やメールのヘルプラインを使うほど行き詰まっているわけではない。ただ孤独なのだ。

 交際ビジネスは、決して手放しで賞賛できるものではないかもしれないが、確実に社会のニーズを満たしており、今、急成長している。ターゲットは、孤独な若者だ。

 米カリフォルニア大学バークレー校の社会学者、アーリー・ラッセル・ホックシールド氏曰く、<私たちが、年老いた両親の介護に、愛犬の散歩に、子どもの世話にお金を払うように、孤独を深めないためにお金を払う、という時代になっている>という。

 孤独の解決は公的なサポートではなく、むしろ民間市場だそうだ。

 最初は躊躇するかもしれないが、一歩踏み出してしまえば、交際ビジネスの利用は案外とラクかもしれない。身近な人よりも、よほど守秘義務が保たれているし、自己を評価されるわけでもないし、気を許しやすいといえるだろう。

 だが、デートや遊びに行くのはお金がかかるし、非日常的な時間といえる。ちょっとした空き時間に一緒に歩いて話をする。ただそれだけのマッカーシー氏のビジネスは、まるでスポーツジムに行くような、日常の一コマとしてのサービスが心身の健康にいい、と注目されている。

 残念ながら、日本の交際ビジネスの相場は1時間数千円以上。マッカーシー氏のようなお手頃価格の交際ビジネスは、まだ登場していないようだ。

 本来であれば、孤独の元凶といえる、若者の貧困化を解消できればいいのだが、問題が大きすぎる。目下のところ<孤独の解消>が、個人の健康、ひいては社会全体の健康度を高める近道かもしれない。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆