シリーズ「AIと医療イノベーション」第3回

人型ロボット「Pepper」が遠隔操作で介護サービス〜飛躍的に広がる医療ロボットのニーズ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護施設だけでなく病院でも活躍

 このような人間と介助ロボットの役割分担を明確にしたマンマシンインターフェイスの仕組みは、介護施設だけでなく、病院でも一貫している。

 たとえば、ロボットがベッドのシーツや食事などを運ぶ。フルオートで血液検査を進め、心拍数を測定する。自走して手術室を殺菌する。トイレで用を済ませた後にズボンを上げる。入浴、着衣、歩行を介助する。ロボットたちの活躍は実にめざましい。

 阿久津所長によれば、今後は、介護機器の開発、ヘルスケアデータの共用などに努めつつ、デンマークなどの北欧諸国との業務提携を深めていくという。

 ちなみに、管理栄養士がビデオチャットシステム「LiveCall」を活用し、個々人に合わせた食事アドバイスをする対面指導サービスがある。人型ロボットPepperなら、栄養指導を受けたい遠隔地の高齢者、要介護者、身体障害者などに対して、管理栄養士の映像、音声、チャットを使った双方向のアドバイスやコミュニケーションを実現できる。

 介護も医療も栄養管理も、ニーズがあれば、Pepperが活躍できるシーンはどんどん広がっていくだろう。Pepperに期待しよう。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「AIと医療イノベーション」バックナンバー

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇