女性の「オーガズム」の役割の謎が解けた!? 「受精のために必要」なもの

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膣よりも陰核よりも……

 この双方の反射が、多くの哺乳類において「排卵時」の重要な役割を果たしており、卵巣からの「卵子の放出」を刺激・促進に役立っているという。

 現代の哺乳類を調査すれば進化の過程に応じて幅広い変化が認められるが、ヒトの祖先においてはこの特性が「排卵に必要であった可能性」が示唆された。

 「ヒトの場合、この反射が進化後に生殖上は必要でなくなり、副次的な働きとして女性のオーガズムが遺されたと考えられる」と、Wagner氏らは解説。さらに「クリトリスのほうは進化を通して解剖学的な位置が移動したと考えられ、そのために現在は性交中に直接刺激される可能性が低下した」とも同論文は言及している。

 性的絶頂は必ずしも「クリトリスへの刺激」によってのみもたらされるものでもなければ、「膣のみで感じるオーガズム」というのも都市伝説(?)の域を出ないようだ。

 今回の知見から「湧き出てくる」という源流を知れば、快楽の裏事情も納得できるというもの。

 「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンを例にとれば、スキンシップや家族団らん、友人と飲食を愉しんだり、ハグしあう(ペットを含む)だけでも分泌されるというから、要は気持ちや雰囲気の問題なのだろう。「いいじゃないの、幸せならば」ということか。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆