「戦後最悪」の犠牲者! 施設殺傷事件の植松聖容疑者が精神病院を「スピード退院」した理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
psychopaths.jpg

危ない思考の持ち主を「とめる」には……(shutterstock.com)

 死者19人、負傷者26人という「戦後最悪」の犠牲を出した、「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市)の殺傷事件――。

 植松聖容疑者(26)は今年2月、精神病院(精神科病院)に措置入院していたものの、わずか12日で退院したことから、精神障害者の医療対応について、さまざまな憶測が流れている。

 精神病院からの個人情報の流出は制限されるだろうから、この「スピード退院」の理由が明らかになるのは難しいだろう。しかし、現段階では大きく2つの原因が考えられる。

 まず、挙げられる理由のひとつとして、植松容疑者が「何も事件を起こしていなかった」点だ。措置入院は通常、自傷他害の事件、つまり自分を傷つけるか、他人を傷つける事件を起こして、初めて警察が関与する。

 そして、入院の必要があると判断され、精神保健指定医の下で決定されることが多い。植松容疑者のように、自傷他害の事件を起こす前に、措置入院となるのはレアケースといえるだろう。

 すでに事件を起こしていれば、医療現場も本人への危険視をさらに強め、退院処置にも慎重だったはずだ。

今年2月では「妄想を抱える患者」のひとり

 精神病院においては、患者の妄想など日常茶飯事だ。植松容疑者の「重度障害者は殺す」という発言は、危険思考の現れだが、どんな突拍子もない思考も精神病院ではありふれたことである。排外主義やレイシズムを、まじめに意見する患者は珍しくない。

 報道による「重度障害者は殺す=人種差別」「衆院議長公邸=国家権力」「世界平和=誇大妄想」といった植松容疑者の言動からは、完全な妄想症状がうかがえる。

 衆院議長公邸を訪れたとはいえ、暴力事件を起こしたわけではない。病院側には、植松容疑者の「妄想性障害」は、それほどマークすべき人物として映らなかったのだろう。

 残念ながら、今年2月の段階では、植松容疑者は「妄想を抱える患者」のひとりでしかなかったのだ。

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」を治せる時代が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫