「戦後最悪」の犠牲者! 施設殺傷事件の植松聖容疑者が精神病院を「スピード退院」した理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
psychopaths.jpg

危ない思考の持ち主を「とめる」には……(shutterstock.com)

 死者19人、負傷者26人という「戦後最悪」の犠牲を出した、「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市)の殺傷事件――。

 植松聖容疑者(26)は今年2月、精神病院(精神科病院)に措置入院していたものの、わずか12日で退院したことから、精神障害者の医療対応について、さまざまな憶測が流れている。

 精神病院からの個人情報の流出は制限されるだろうから、この「スピード退院」の理由が明らかになるのは難しいだろう。しかし、現段階では大きく2つの原因が考えられる。

 まず、挙げられる理由のひとつとして、植松容疑者が「何も事件を起こしていなかった」点だ。措置入院は通常、自傷他害の事件、つまり自分を傷つけるか、他人を傷つける事件を起こして、初めて警察が関与する。

 そして、入院の必要があると判断され、精神保健指定医の下で決定されることが多い。植松容疑者のように、自傷他害の事件を起こす前に、措置入院となるのはレアケースといえるだろう。

 すでに事件を起こしていれば、医療現場も本人への危険視をさらに強め、退院処置にも慎重だったはずだ。

今年2月では「妄想を抱える患者」のひとり

 精神病院においては、患者の妄想など日常茶飯事だ。植松容疑者の「重度障害者は殺す」という発言は、危険思考の現れだが、どんな突拍子もない思考も精神病院ではありふれたことである。排外主義やレイシズムを、まじめに意見する患者は珍しくない。

 報道による「重度障害者は殺す=人種差別」「衆院議長公邸=国家権力」「世界平和=誇大妄想」といった植松容疑者の言動からは、完全な妄想症状がうかがえる。

 衆院議長公邸を訪れたとはいえ、暴力事件を起こしたわけではない。病院側には、植松容疑者の「妄想性障害」は、それほどマークすべき人物として映らなかったのだろう。

 残念ながら、今年2月の段階では、植松容疑者は「妄想を抱える患者」のひとりでしかなかったのだ。

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行