「戦後最悪」の犠牲者! 施設殺傷事件の植松聖容疑者が精神病院を「スピード退院」した理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
psychopaths.jpg

危ない思考の持ち主を「とめる」には……(shutterstock.com)

 死者19人、負傷者26人という「戦後最悪」の犠牲を出した、「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市)の殺傷事件――。

 植松聖容疑者(26)は今年2月、精神病院(精神科病院)に措置入院していたものの、わずか12日で退院したことから、精神障害者の医療対応について、さまざまな憶測が流れている。

 精神病院からの個人情報の流出は制限されるだろうから、この「スピード退院」の理由が明らかになるのは難しいだろう。しかし、現段階では大きく2つの原因が考えられる。

 まず、挙げられる理由のひとつとして、植松容疑者が「何も事件を起こしていなかった」点だ。措置入院は通常、自傷他害の事件、つまり自分を傷つけるか、他人を傷つける事件を起こして、初めて警察が関与する。

 そして、入院の必要があると判断され、精神保健指定医の下で決定されることが多い。植松容疑者のように、自傷他害の事件を起こす前に、措置入院となるのはレアケースといえるだろう。

 すでに事件を起こしていれば、医療現場も本人への危険視をさらに強め、退院処置にも慎重だったはずだ。

今年2月では「妄想を抱える患者」のひとり

 精神病院においては、患者の妄想など日常茶飯事だ。植松容疑者の「重度障害者は殺す」という発言は、危険思考の現れだが、どんな突拍子もない思考も精神病院ではありふれたことである。排外主義やレイシズムを、まじめに意見する患者は珍しくない。

 報道による「重度障害者は殺す=人種差別」「衆院議長公邸=国家権力」「世界平和=誇大妄想」といった植松容疑者の言動からは、完全な妄想症状がうかがえる。

 衆院議長公邸を訪れたとはいえ、暴力事件を起こしたわけではない。病院側には、植松容疑者の「妄想性障害」は、それほどマークすべき人物として映らなかったのだろう。

 残念ながら、今年2月の段階では、植松容疑者は「妄想を抱える患者」のひとりでしかなかったのだ。

「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは? 
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」前編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。京野アートクリニック高輪の院長である京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真