殺人事件の施設で夜勤<時給905円>?~介護は「仕事内容のわりに賃金が低い」42.3%

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<人手不足>に7割強が「採用が困難」と諦め?

 折しも8月5日、介護労働安定センターが「介護労働実態調査」(2015年度)の結果を公表し、現場の率直な意見や雑感が浮き彫りにされた。要約すれば、次のようになる。

●人手の実状を問われた介護従事者らの回答は「適当である」が36.2%、「不足している」が61.3%。不足感を覚える層が前年度調査比で2.0ポイント増加している。

●不足理由に関しては「採用が困難」との諦観が全体の7割強を占め、その3大原因で最も多かったのが「賃金が低い」の57.4%、次いで「仕事がきつい」の48.3%、そして「社会的評価が低い」の40.8%という結果だった(複数回答)。

●労働条件への不満でも「人手が足りない」の50.9%が首位、「仕事内容のわりに賃金が低い」が42.3%。続いて「有給休暇が取りにくい」34.6%、「(腰痛や体力不安などの)身体的負担が大きい」30.4%、「業務に対する社会的評価が低い」29.4%と、採用困難の理由にまんま重なる問題点が浮き彫りになった(複数回答)。

 肝心の所定内賃金(2015年度)を見ると、月給制の介護労働者(=事業管理者を除く)の場合は前年度よりも「2676円増加」し、21万7753円。訪問介護員に限定すれば19万1751円であるものの、やはり前年度比で「4623円増加」。介護保険事業所で直接介護を行なう介護職員のほうは19万8675円で「2544円増加」となっている。

 厚生労働省は先日、今年度の最低賃金目安額を全国平均で24円引き上げ、時給平均822円にすると決めた。これは過去最大の値上げ幅となり、比率で「3%」増は安倍政権が掲げる「1億総活躍プラン」の目標値を反映したかたちだ。

 最低賃金が目安どおりに上がれば、東京都に次ぐ「時給930円」となる神奈川県(目安=+25円)。再建時の「やまゆり園」は人材面の壁も乗り越えられるのだろうか……。
(文=編集部)

インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第1回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

インソール(靴の中敷き)については、足のニオイ消しや靴のサイズ調整などでこれまでに使った経験がある人は多いだろう。「靴の中に入れるものはすべてインソールなのですが、目的や役割で分類できるんです」と教えてくれるのは、義肢装具士の大平吉夫さん。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。大平さんにインソールについて詳しく聞いてみた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁