「できる人」の労働と睡眠時間にヒミツ~40歳を超えたら「週40時間」を「週25時間」労働に!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「1日7時間」の睡眠と遊びがカギ

 ストレス耐性には、睡眠時間も大きく影響する。

 つい最近まで、精力的な人ほど睡眠時間が短い、とされてきた。元イギリス首相のサッチャー・マーガレット氏の「1日4時間しか寝ない」という発言は有名だ。しかし、彼女は日中の居眠りを、監視カメラに撮られていた。

 今日では、アメリカ国立睡眠財団をはじめ各所が、26歳以上の成人は、1日7時間以上の睡眠を推奨している。

 米フロリダ州立大学心理学科のカール・エリクソン教授も、睡眠を推奨しているひとりだ。学習能力、記憶力とも、睡眠と遊びに因るところが大きいという。

 働き過ぎると、まず遊びが削られ、睡眠も減ることになる。そうなると、能力低下が起きる。このエリクソン教授の研究が、マッケンジー教授のいうところの「週25時間労働」の根拠だ。

 エリクソン教授は研究の中で、仕事能力の高さは年齢でなく、労働時間の長さであることを、見つけた。「仕事がデキる人」は、週21〜35時間の労働で、1日3〜5時間以上は働かないことを発見したのだ。

 また、研究の中で、労働時間が自由裁量の場合、「デキる人」は週21〜35時間以上は働かないという。

 これらの情報を統合し、新たに研究を重ねた結果、マッケンジー教授らは、「40歳以上の週25時間労働」にたどり着いた。

 昨年、英ケンブリッジ大学が選ぶ<イギリスの健康志向の会社>に選ばれた企業は、スポーツ用品会社、製薬会社、IT企業が圧倒的だった。これらの企業は、フレックスタイム制を導入し、社員が早めに帰宅したり、スポーツジムで運動できるよう配慮している。

 どんなに超過労働しても、景気が上向きにならない今だからこそ、日本の企業は、<働き盛り>の中高年の働き方を、見直してみるといいだろう。
(文=編集部)

(参考)
http://www.bbc.com/capital/story/20160714-is-full-time-work-bad-for-our-brains

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆