拮抗筋ストレッチ、足裏のリフレクソロジー……カラダの不調に“間接的なアプローチ”で改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅のセルフケアで腰痛や肩こりを軽減

 リフレクソロジーも拮抗筋ストレッチと同様、セルフケアで腰痛や肩こり、むくみの改善の効果が得られる。

 腰痛は、腰の反射区であるかかとの内側と外側を、親指で何度か押し流す。ただ撫でるのではなく、適度な力を入れるのがいいだろう。

 肩こりは、肩の反射区である足の小指の付け根下の足裏のぷっくりした部分を数カ所、親指で適度な力で押して刺激を入れる。加えて、親指の付け根の足裏側は首の反射区なので、付け根のラインに沿って横に指を移動させながら数カ所適度な力で押していく。

 むくみ対策には、くるぶしの周辺やアキレス腱の両側を下から上へなぞるように指をすべらせてリンパの流れを良くし、老廃物を排出する。膝の裏もリンパが滞りやすい部位なので、同様に下から上へ指を流すといい。

 これらはゾーン(面)で刺激を入れる方法なので、刺激を入れる場所が限定されているポイント(点)とは違って、セルフケアもしやすいはずだ。もちろんポイントへのアプローチも大切なので、各ポイントを心得ているセラピストによる専門的なケアを受けるに超したことはない。

 リフレクソロジーはイギリスでは保健医療に組み込まれ、緩和ケアなど患者さんのQOL(生活の質)に貢献している療法である。ときにはプロのケアを受けつつ、日常的にはセルフケアを取り入れて、体の中から健康維持を図りたいものである。
(文=編集部)

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆