「バターコーヒー」で50kg減を達成! IT企業家が編み出したダイエット法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良質な脂肪が脳の空腹感をダマす

 一昔前ならば、バター=高カロリー、高脂肪、ヘルシーではないという認識だったが、現在では良質な脂質として再評価されている。

●関連記事
「アブラはたくさん食べるべき!? ついにコレステロールの常識が覆った!」
「世界一栄養価の高い果物の脂肪が "脂肪を制す"」
 アスプリー氏の持論では、高品質なバター&オイルから良質な脂肪を摂ると「脳の空腹感」が抑制されるという。彼は牧草牛のバターを100%推奨しているが、入手困難な場合はAOP(原産地呼称保護)認証の厳格で牧草飼料率の高い「高品質バター」でも良いとしている。

 それでも無理な場合は、ココナッツミルク(大さじ4杯)とMCTオイル(大さじ1~2杯)での代用も可能だ(=体重65キロの人の朝食目安)。

 あくまでも高品質な材料選びに加え、繊細にして最も重要視すべき工程が「撹拌」である。ブレンダーやミキサーを用いてよく撹拌し、「ミセル化(乳化)」させることが最大ポイントだ。

 こうしてカプチーノ状に泡化することで、摂取した脂肪分を即エネルギーとして消費させる効果につながるという。
 

WHOがコーヒーの発がん性を否定

 世界保健機構(WHO)の専門機関である国際がん研究機関(IARC)は先月、コーヒーに関する従来の見解を覆して「発がん性がある可能性を示す決定的証拠はない」との調査結論を公表した。

 もっとも「(コーヒーを含むあらゆる種類の)非常に熱い飲み物には発がん性のある可能性がある」とも注意を呼びかけたが、今回の完全無欠コーヒーはその点でも理想的かもしれない。

 著名なIT起業家の成功例にならって、まずは一杯のコーヒーからバイオハック(同氏の造語)してみますか。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆