「バターコーヒー」で50kg減を達成! IT企業家が編み出したダイエット法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良質な脂肪が脳の空腹感をダマす

 一昔前ならば、バター=高カロリー、高脂肪、ヘルシーではないという認識だったが、現在では良質な脂質として再評価されている。

●関連記事
「アブラはたくさん食べるべき!? ついにコレステロールの常識が覆った!」
「世界一栄養価の高い果物の脂肪が "脂肪を制す"」
 アスプリー氏の持論では、高品質なバター&オイルから良質な脂肪を摂ると「脳の空腹感」が抑制されるという。彼は牧草牛のバターを100%推奨しているが、入手困難な場合はAOP(原産地呼称保護)認証の厳格で牧草飼料率の高い「高品質バター」でも良いとしている。

 それでも無理な場合は、ココナッツミルク(大さじ4杯)とMCTオイル(大さじ1~2杯)での代用も可能だ(=体重65キロの人の朝食目安)。

 あくまでも高品質な材料選びに加え、繊細にして最も重要視すべき工程が「撹拌」である。ブレンダーやミキサーを用いてよく撹拌し、「ミセル化(乳化)」させることが最大ポイントだ。

 こうしてカプチーノ状に泡化することで、摂取した脂肪分を即エネルギーとして消費させる効果につながるという。
 

WHOがコーヒーの発がん性を否定

 世界保健機構(WHO)の専門機関である国際がん研究機関(IARC)は先月、コーヒーに関する従来の見解を覆して「発がん性がある可能性を示す決定的証拠はない」との調査結論を公表した。

 もっとも「(コーヒーを含むあらゆる種類の)非常に熱い飲み物には発がん性のある可能性がある」とも注意を呼びかけたが、今回の完全無欠コーヒーはその点でも理想的かもしれない。

 著名なIT起業家の成功例にならって、まずは一杯のコーヒーからバイオハック(同氏の造語)してみますか。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子