錦織圭選手のグランドスラム制覇のカギは「グルテンフリー」の食生活!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2週間で5kg減量、体のキレと脳の反応がアップ

 ジョコビッチ選手は以来、乳製品も避けて大豆プロテインのシェークに変更し、砂糖も控えめ気味、アボカドやカシューバターを多く摂って、真摯な「グルテンフリーダイエット」を実践。

その絶大な効果は、現在の快進撃ぶりが物語るとおりである。

 当初は14日間のグルテン断ちを試みたところ、体重が5kg減って、体のキレが現われ、脳の反応も向上したというジョコビッチ選手。

 錦織選手を破った最大の武器は、「1000分の5秒~10秒程度の違い」といわれる初動の速さにあるようだ。

 一方、敗戦後、「本当に残念、違いは僅かだったと思う」と悔やんだ錦織選手。勝者のジョコビッチ選手も「ナダル戦以上の、信じがたいほど質の高い試合だった」と相手を称賛した準決勝。

 この「もうちょっとかもしれない」(錦織・談)という距離を埋める秘策を“錦織圭の小麦断ち”に求める外野の意見が今、あちこちで囁かれている。

科学的根拠は未確定ながら多数のセレブが効果を報告

 アレルギー体質ではない一般人にも「グルテン断ち」の健康上のメリットはあるのか、その科学的根拠は確定していない。しかし、レディ・ガガやヴィクトリア・ベッカム、ジェシカ・シンプソンら各界のセレブ陣が「グルテン断ち」の減量成功例を明かしている。

 じつは男子サッカーのアルゼンチン代表、リオネル・メッシ選手(28)も昨年末、理学療法士と代表のチームドクターらの助言を受けて「ピザ断ち」を行い、キレを取り戻した一人だ。

 もし、錦織選手の“小麦断ち”に難点があるとしたら、それは「日清食品」所属という皮肉な壁だろうか。

 聞けば、ジョコビッチ選手の実家であるピザ屋さん、現在は「グルテンフリー」のレストランも営んで盛況らしい。願わくば、日清食品もその路線で……。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇