インタビュー「女性に多い膠原病とは何か?」第2回 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター 田中栄一医師

風邪と間違われやすい膠原病 38度以上の高熱、関節の痛みや朝起床時の手のこわばりがあったら要注意!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膠原病を疑わせる検査所見は何?

――膠原病を疑わせる検査所見は何でしょうか?

 膠原病が疑われる場合のスクリーングとして、抗核抗体やリウマトイド因子などが挙げられます。リウマトイド因子はリウマチ反応ともいわれ、RFとも略されます。健診などでも測定されることもあります。

 診断に最も重要なのは、経過や症状であり、抗核抗体やリウマトイド因子の結果は参考にはなるものの、絶対的な指標ではありません。
よく健診でRF陽性とのことで、我々の外来にいらっしゃる患者さんもいるのですが、関節の腫れや痛みが伴わなければ、関節リウマチとは診断できません。

 関節リウマチでは7-8割がRF陽性となりますが、正常人でも1〜5%程度で陽性、高齢者はより陽性率は高くなりますし、関節リウマチ以外の膠原病や感染症などでも陽性になることがあります。

――膠原病といっても、ひとくくりで説明できないことが、この病気の大きな特徴なのですね。

 最終回は、関節リウマチのめざましい治療法を中心についてお伝えします。 
(取材・文=夏目かをる)

田中栄一(たなか・えいいち)
東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター膠原病リウマチ内科・講師。1994年、滋賀医科大学医学部卒。専門は関節リウマチのコホート研究、関節リウマチの医療経済学。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆