氾濫する化学物質入り “自然派コスメ”~真の自然派コスメが「環境ホルモン」濃度を低下させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“自然派コスメ”も化学物質を使用

 本研究では、「化学薬品を含まないと表示」されているコスメを使用しているが、良質な商品選びは難しい。実際のところ、化学物質を一切含まないコスメ商品は、ほぼ存在しない。

 “自然派コスメ”が注目される中、巷には、化学物質を使っていない印象を与えるコスメ商品があふれている。

 「無添加」「ナチュラル」「オーガニック」「ケミカルフリー」「ノンケミカル」などとうたわれていると、あたかも天然成分のみの、お肌に優しいマイルドな商品に感じられる。

 しかし、実際のところ「ケミカルフリー」「ノンケミカル」が指す「ケミカル」とは、「紫外線吸収剤」を指し、本来は、紫外線吸収剤を含まない日焼け止め製品に対して使われる言葉である。

 同様に「無添加」も、特定の物質を含まない意味で用いられる。どちらも、すべての化学物質を指すわけではない。

 では、成分表記を確認すれば、何が入っているか明白かというと、そうとも言い切れない。法律上で表記の義務のない成分もあるため、表記にない成分が含まれている可能性もある。

良質コスメ商品は「認証団体マーク」で見分ける!

 実は、日本ではこうした“自然派コスメ”に関する公的基準がない。食品と違い、コスメ業界には認証団体が存在せず、薬事法にも明記がない。

 つまり、どんなうたい文句も、メーカー基準によることになる。

 だが、世界にはオーガニックをはじめとする、さまざまな自然派コスメの認証団体が存在し、厳しい基準のもとに、製品規制を行っている。

 とくにヨーロッパは先駆的だ。有機栽培法や管理方法に及ぶ厳しい規定や、生態系の保護を核とする取り決め、水分の割合、動物実験の有無など、あらゆる観点で良質コスメを追求している。

 一般消費者も、こうした基準の下、確かな商品選びが可能なのだ。今は日本国内でも、店頭や各種オンラインショップで、幅広い輸入コスメを買える時代だ。

 商品パッケージに、次のような認証マークがあるかどうかが、海外ブランドの自然派コスメの基準になる。ぜひ参照していただきたい。

・ecocert(エコサート) http://www.ecocert.com
・soil association(英国土壌協会) http://www.soilassociation.org 
・demeter(ディメーター) http://www.demeter.net
・BDIH  http://www.kontrollierte-naturkosmetik.de
・cosmebio(コスメビオ) http://www.cosmebio.org
・agreco(アグレコ) http://www.agreco.be
・SOCERT(ソサート) http://www.socert.it
・IHTK  http://www.ihtk.de
・OKO TEST(オコテスト) http://www.oekotest.de
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫