シリーズ「DNA鑑定秘話」第32回

DNA鑑定秘話〜双子なのに父親が違っていた!? ベトナムと米国で実際にあった珍事の真相

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、米国でも同様の珍事が!

 昨年、珍事は米国でも起きている――。

 ニュージャージー州パサイク郡の男性が双生児の養育費を請求された民事訴訟だ。2013年1月に出産した双生児のDNA鑑定を行ったところ、男性のDNAが片方の双生児のDNAと一致したため、パサイク郡高等裁判所は男性に1人分の養育費を支払うよう命じた。養育費を請求した原告の女性は「1週間以内に異なる男性と肉体関係を持った」と法廷で証言している。

 ベトナムの1件も米国の1件も衝撃的で稀な出来事だ。妊娠という生命の営みの神秘すら感じさせる。だが、女性が同じ排卵期に2個以上を排卵し、かつ複数の男性と関係を持って起きた事実は揺るがない。

 とくに不倫に走った母親の道義的・倫理的な責任は免れるのだろうか? わが子の真相を知らされた父親の困惑や苦悩は決して小さくない。夫婦の確執は深まらざるを得ないだろう。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「DNA鑑定秘話」バックナンバー

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫