シリーズ「DNA鑑定秘話」第32回

DNA鑑定秘話〜双子なのに父親が違っていた!? ベトナムと米国で実際にあった珍事の真相

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、米国でも同様の珍事が!

 昨年、珍事は米国でも起きている――。

 ニュージャージー州パサイク郡の男性が双生児の養育費を請求された民事訴訟だ。2013年1月に出産した双生児のDNA鑑定を行ったところ、男性のDNAが片方の双生児のDNAと一致したため、パサイク郡高等裁判所は男性に1人分の養育費を支払うよう命じた。養育費を請求した原告の女性は「1週間以内に異なる男性と肉体関係を持った」と法廷で証言している。

 ベトナムの1件も米国の1件も衝撃的で稀な出来事だ。妊娠という生命の営みの神秘すら感じさせる。だが、女性が同じ排卵期に2個以上を排卵し、かつ複数の男性と関係を持って起きた事実は揺るがない。

 とくに不倫に走った母親の道義的・倫理的な責任は免れるのだろうか? わが子の真相を知らされた父親の困惑や苦悩は決して小さくない。夫婦の確執は深まらざるを得ないだろう。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「DNA鑑定秘話」バックナンバー

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇