シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」14回

ビール業界が「遺伝子組換え」を解禁! 組換え原料が使用されていない商品はコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビールは麦芽100%を選ぶ! ブドウ糖液糖の入った清涼飲料水や食品はNG

 GMOに関しては、ここ数年、ヨーロッパの研究機関から危険性を指摘する研究結果が報告されている――。

 2011年、フランスのシェルブルック大学病院センター産婦人科の医師グループが「有害物質の妊婦から胎児への移行にGMOが関連している可能性」を指摘した。

 2012年には、カーン大学(フランス)のジル・エリック・セラリー博士率いる研究チームは、700日間、GMOを食べさせるラット群と食べさせないラット群との比較研究を実施。その結果、GMOを食べさせたラット群は早死に傾向となった。また、雌では卵巣がんが異常に多いほか、脳下垂体の異常が目立った。雄では肝機能障害、腎臓肥大、皮膚がん、消化器系への影響が見られたと学会誌で報告している。

 GMOが拡大に比例して、GMOへの不安も世界各地で高まっている。ともかく、このままでは日本のビールにも、いつGMOのコーンやスターチを使い出すかわからない。ビールを飲むなら、スターチなどの副原料を使用していない麦芽100%のビールにすべきだ。銘柄でいえば、「一番搾り」「モルツ」「エビス」などである。そして、ブドウ糖液糖の入った清涼飲料水や食品は買わない、あるいは、飲まないことである。


シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子