中井美穂さんが明かす「人工肛門」経験~オストメイトへの理解を広げる初告白

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストーマ(人工肛門)は「器具」ではない!

 人工肛門の場合、実際の直腸と違って「便を貯める」とか「我慢する」働きがない。腸内で消化吸収される都度、便意もなく(=本人の意識とは無関係に)便が排出される。そう、装着当時をふり返った中井アナの実感どおりだ。

 消火器系は小腸ストーマ(=イレオストミー;Ileostomy)と結腸ストーマ(=コロストミー;Colostomy)に大別される。造設の原因は、疾患によって異なるものの、永久的なストーマと、のちにストーマを“閉じる”一時的なものに分かれる。つまり、中井さんは後者の体験例だ。

 人工肛門自体は「器具」や「機械」ではない。そこが一番誤解されやすい(されている)部分だろう。患者自身の腸の一部をお腹の外壁に出し、そこを「便の流出口」とするものだ。

 それは粘膜なので赤色をしており、粘液や腸液が常時分泌されているから乾きもしない。

 Stomaの語源はラテン語で「乳頭状に突き出した口」の意味。装具は直接皮膚に張り付く面板(=皮膚保護材)と、便を受け止める袋(パウチ)から成る。

 中井さんの体験当時から進化を重ねた最新型装具は、防臭効果も耐水効果も大変優れている。交換は通常週2~3回だ。

 装具による見映えの違いと排便習慣(管理)が変わる以外は別段、従来の暮らしぶりと変わらない。パウチ内に溜まった便を棄てれば入浴も問題ない。

 小さくタオルで隠せる入浴用パウチもあるので温泉行きも可。食事制限も軟便や臭いを強める食品に注意する程度だ。

オストメイトへの理解が広まる

 装具代は医療保険が適用されないので基本は自己負担だが、医療控除の対象となる。また、永久的な人工肛門を造設した場合は、社会保障制度によって国から装具代が支給され、手術直後から身体障害者の内部障害4級が受けられる。装着後の妊娠も出産も可能だ。

 折しも中井さんの告白と相前後して、話題の医療ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)の第4話でも「人工肛門造設」をめぐる医師同士の議論場面が描かれていた。

 芸能界では渡哲也さんが1991年に大腸がんを公表した際、オストメイト(Ostomate;人工肛門保有者)である事も明かしたのが有名。今回の中井さんの告白も、オストメイトへの周囲の理解を広める効果を生むだろう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆