いま話題の「筋膜リリース」が糖尿病にも効果~1日10分で半年後に10kg減量!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「筋膜の時代」の幕開けか?

 筋膜は肩こりや糖尿病だけではなく、さまざまな身体の不調を治す可能性を持っている。筋膜に対しての施術を得意としているサロン「トリガー」(東京都港区)の半田学代表(理学療法士)は次のように解説する。

 「肩こりや腰痛はもちろんのこと、病院で原因不明だと言われていた痛みが筋膜の調整によって改善したケースはかなりあります。もし原因がわからずに悩んでいるケースがあれば、一度、筋膜へのアプローチを検討することをおすすめしています」

 筋膜にはさまざまな可能性が秘めていることが最近の研究で明らかになってきている。ヘルスケアは、 「筋膜の時代」の幕開けなのかもしれない。
(文=編集部、監修=三木貴弘)

三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の医療、理学療法を学ぶ。2014年に帰国し、現在は東京都で理学療法士として医療機関に勤務。その傍ら、一般の人に対しても正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。執筆依頼は、”Contact.mikitaka@gmail.com”まで。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇