イヌイットの伝統食は究極の「糖質制限」!? 食生活の変化で、がんや心筋梗塞が急増!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イヌイットの食生活は目まぐるしく変質した。1855年の調査では、イヌイットの3大栄養素の摂取比率は、タンパク質47.1%、炭水化物7.4%、脂質45.5%。1976年の調査では、タンパク質23%、炭水化物38%、脂質39%。121年間に、穀物などの炭水化物の摂取比率は、およそ5倍以上に跳ね上がっている。

 イギリスの権威ある医学雑誌「ランセット・オンコロジー」(2008年9月号)によれば、このようなイヌイットの伝統的な食生活の崩壊は、イヌイットの疾病構造を大きく変えたと指摘する。

 第1は、EB(エプスタイン・バー)ウイルスがイヌイット社会に持ち込まれたために、EBウイルス感染症による鼻咽頭がん、唾液腺がんが急増した。EBウイルス感染症は、ヘルペスウイルス群に属するDNAウイルスがヒトのBリンパ球(抗体産出細胞)に感染して起きる伝染病。主にキスによって伝播されるため「kissing disease」と呼ばれ、感染者の血液中に大量の白血球(単核球)が見られることから「伝染性単核球症」ともいう。EBウイルス感染症は、ヒトの唾液や咽頭で生息・伝播し、極度の疲労感、発熱、扁桃炎、リンパ節腫脹などを伴う。EBウイルスの特定のDNAは、感染したBリンパ球の細胞分裂周期を変化させるため、鼻咽頭がん、唾液腺がんの発症につながった。

 第2は、欧米人との交流が活発になって半世紀が経過した1950年代から、定住化・都市化・欧米化が追風になり、イヌイットの社会はかつてはまったく存在しなかったタバコ、アルコール、麻薬などを受け入れ、生活習慣が大転換を遂げた。その結果、肺がん、大腸がん、乳がんが急速に増加した。一方、イヌイットは、白人に多い前立腺がん、精巣がん、造血器腫瘍(血液がん)に罹るリスクが低い事実も判明した。イヌイットの若者は、糖質を大量に含むハンバーガーやピザなどを好んで食べたので、ジャンクフードが摂取カロリーの大半を占めるまでになり、がんの罹患率がさらに高まった。

 このように、EBウイルス感染症、喫煙、飲酒、薬物の摂取、小麦などの穀物やジャンクフードを偏食する生活習慣は、わずか半世紀でイヌイットの社会を根底から覆し、食生活も疾病構造も大きく塗り替えてしまった。とりわけ、炭水化物(糖質)の過剰摂取が、さまざまながんを蔓延させたのは明白だ。歴史的にも、経済的にも、イヌイットの社会が受け入れざるを得なかった食文化の大変動。その貴重な教訓を医療に活かさなければならない。
(文=編集部)

参考文献
岸上伸啓「イヌイット『極北の狩猟民』のいま」(中央公論新社、2005年)
岸上伸啓「極北の民カナダ・イヌイット」(弘文堂、1998年)
熊谷朗「EPAの医学」(中山書店、1994年)ほか

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆