インフルエンザのワクチンが効かない!? 値上がりしても今から打つべきか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚労省は今シーズン、A型2株(A/カリフォルニア、A/スイス)、B型2株(B/プーケット山形系統、B/テキサスビクトリア系統)を取り入れた4価(4種混合)のインフルエンザワクチンを選定した。これまでと比べB型が1株増えたことで、昨年より概ね500円ほど費用は値上がりした。

 インフルエンザワクチンの効力は、接種の2~4週間後から約5カ月続く。今から打てば、来年前半のインフルエンザを防げるかもしれない。もしかかっても、重症化を避けることができる。ただし、これも4種のインフルエンザに対してだ。

アンチ・ワクチン派が教えるインフル予防あの手この手

 化血研の偽造問題といい、“効かなかった”ワクチンといい、疑心暗鬼になることばかり。そのせいか、「この冬は予防接種をしない」と決めてかかった人も大勢いる。

 アンチ・ワクチン派が教えてくれた自衛策は、手洗い、うがいのほか、免疫力をつけること。そのためには、質の良い睡眠をとり、偏食をせず、適度に運動をしてストレスをためない……。当サイトの記事「睡眠不足による体力低下は、実際に風邪を引きやすくする!」で紹介したとおり、睡眠不足が招く免疫力低下の新たな知見も報告されている。

 ワクチンを接種しようがしまいが、いずれにしても免疫力の低下を招く生活習慣はあらためるべきだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子