インフルエンザのワクチンが効かない!? 値上がりしても今から打つべきか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚労省は今シーズン、A型2株(A/カリフォルニア、A/スイス)、B型2株(B/プーケット山形系統、B/テキサスビクトリア系統)を取り入れた4価(4種混合)のインフルエンザワクチンを選定した。これまでと比べB型が1株増えたことで、昨年より概ね500円ほど費用は値上がりした。

 インフルエンザワクチンの効力は、接種の2~4週間後から約5カ月続く。今から打てば、来年前半のインフルエンザを防げるかもしれない。もしかかっても、重症化を避けることができる。ただし、これも4種のインフルエンザに対してだ。

アンチ・ワクチン派が教えるインフル予防あの手この手

 化血研の偽造問題といい、“効かなかった”ワクチンといい、疑心暗鬼になることばかり。そのせいか、「この冬は予防接種をしない」と決めてかかった人も大勢いる。

 アンチ・ワクチン派が教えてくれた自衛策は、手洗い、うがいのほか、免疫力をつけること。そのためには、質の良い睡眠をとり、偏食をせず、適度に運動をしてストレスをためない……。当サイトの記事「睡眠不足による体力低下は、実際に風邪を引きやすくする!」で紹介したとおり、睡眠不足が招く免疫力低下の新たな知見も報告されている。

 ワクチンを接種しようがしまいが、いずれにしても免疫力の低下を招く生活習慣はあらためるべきだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆