祝・紅白出場の星野源~くも膜下出血で救急搬送&再発宣告を乗り越えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 くも膜下出血は脳卒中の一種。脳卒中には「脳出血」「脳梗塞」の2種があるが、いずれの場合もおよそ20~40%の患者にうつ病の症状が見られるという。

 原因は障害による身体の機能不全への苛立ち、療養環境や介護者との関係性の機微、あるいは職場復帰への不安などさまざまな理由が考えられている。

 だが、傍目には重篤な病への心理的反応だと捉われがちで“うつ病”のほうは見逃され気味だ。結果、リハビリ意欲も減退して病後の回復が遅れる。

くも膜下出血後は「死亡」「障害」「社会復帰」の3分1の確率

 また、くも膜下出血は発症すると、①患者の3分の1が「死亡」、②3分の1が「障害」を残し、③残り3分の1が幸いにも「社会復帰」できるといわれている。

 それは近年の著名人の発症例、その後の明暗を比較検証してみると驚くほど確率の精度が分かる。

 2010年4月、読売巨人軍の木村拓也・内野守備走塁コーチが練習中に倒れて、そのまま還らぬ人となった(享年37)。彼の死から1年半後の2011年10月、一世を風靡した人気音楽ユニットglobeの歌姫にして小室哲哉夫人のKEIKOさん(当時39歳)もくも膜下出血で倒れ、現在もリハビリ中の②。

 そして、星野さんは③の復帰組。だが、彼も2013年に「再発」を宣告されて二度目の手術を余儀なくされ、さらに過酷な闘病生活を乗り越えた。星野さん、紅白出場おめでとう!
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆